【LEE@輸入ビジネス】

446号 「物販のプロを目指す者と目指さない者」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

こちらはダウンロードしましたか?

 

 

無料で100万円稼ぐ講師陣達の

 

セミナー映像です。

 

 

https://www.viral-manager.com/aff/69147/1772/

 

 

最近感じますが様々なビジネスの中で、

 

最近は物販が非常に人気があります。

 

 

色々な経営者に出会いますが、

 

全く違うジャンルの経営者も、

 

物販を始めた人、

 

物販をやりたい人、

 

が非常に多いです。

 

 

で、ほとんどの別ジャンルの経営者は

 

物販で結果を残す事ができています。

 

 

これは何故かを説明するのであれば

 

物販は取り組みやすいビジネスだからと

 

説明できます。

 

 

言い換えれば非常にシンプルな

 

ビジネスだからです。

 

 

シンプルとは言え、

 

媒体選定

 

商品選定

 

リサーチ

 

資金

 

仕入れ

 

検品

 

梱包

 

発送

 

などなど

 

色々な業務が発生します。

 

 

しかし、最近物販に取り組み始めた

 

元々別ジャンルの経営者は

 

結果を残す事ができます。

 

 

何故なら物販のほとんどの業務は

 

普段の生活で行っているからです。

 

 

ショッピングとほとんど同じだからです。

 

 

よくよく考えてみると

 

普段ショッピングするのと

 

項目はほとんど同じだからです。

 

 

ですから、物販は別ジャンルの

 

経営者が取り組んでも

 

結果を残す事ができます。

 

 

で、ここで物販を本気でやって

 

稼ごうとしている私達にとって大切な事は

 

その人達との違いです。

 

 

いわいる「プロ意識」です。

 

 

自信とも言えるでしょうか。

 

 

何でも良いのです。

 

 

○○ジャンルは一番に詳しい

 

梱包は一番早く正確にできる

 

交渉は誰にも負けない

 

販売力には自信がある

 

リサーチの技術には自信がある

 

とにかく真面目にやる事に自信がある

 

出品にかかる時間の短さには自信がある

 

長時間働く事に自信がある

 

特殊な仕入れ先がある

 

等々

 

 

自分の中で負けない何か、

 

プロ意識の有無は大切です。

 

 

これを持っている人は

 

少なくても月にいくらかは

 

稼いでいるでしょう。

 

 

このメルマガを読んでくれている

 

読者の中にも

 

100万円稼いでいる人から

 

0万円稼いでいる人もいると思います。

 

 

赤字の人もいるかも知れません。

 

 

そんな中でも必死に物販をやっていると

 

思います。

 

 

そうじゃなければ毎日

 

送られてくるこのメルマガを

 

読み続ける事は苦痛でしょうから。

 

 

起業する時は私も自信は全く無く

 

プロ意識も無かったです。

 

 

しかし、続ける事でプロ意識を持って

 

取り組めています。

 

 

・半年後→梱包、リサーチ、資金のプロ意識

 

雑務をいかに時間をかけないか

 

リサーチにたくさん時間を使い商品を回転させる

 

資金を意識的に大きくしていく

 

 

・一年後→無在庫販売に関してプロ意識

 

ネットショップやAmazon無在庫販売を

 

始め、無在庫だけでも100万円の収益を出す

 

 

・2年後→組織化へのプロ意識

 

外注や雇用を経験し

 

自分一人では出来ない事を実現

 

 

3年後→経営に関してのプロ意識

 

輸入、輸出、広告、資金のかかる販路拡大、

 

借り入れ、外部企業との取引

 

等々

 

 

書ききれませんが、

 

私はまだまだ甘ちゃんですが、

 

去年は経営に関しては

 

プロ意識を持って取り組みました。

 

 

このように記載してみると

 

なりたい自分とプロ意識は

 

かなり関係性が強い事も解ります。

 

 

つまり、プロになろうとする意識や、

 

実際にプロでは無くでも

 

プロになろうとする意思が大切です。

 

 

私もまだまだプロでは無く、

 

プロになりたいと思っている

 

成長中の人間です。

 

 

しかし、目指す事は

 

絶対に辞めてはいけないと思います。

 

 

ざっと書きましたが

 

プロ意識を持って

 

真面目に取り組んできた結果

 

今年で4年目に差し掛かりました。

 

 

ですので、プロ意識を持つ事

 

今の自分がどこにプロ意識を持って

 

取り組んでいるか再認識してみましょう。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*