【LEE@輸入ビジネス】

443号 正月の稼働時間は6/1、さて売上げは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

正月は実家に帰り、

 

食事、墓参り、食事、銭湯と

 

かなりほっこりした時間を過ごしています。

 

 

初詣はあまり興味が無いので

 

行きません。

 

 

おみくじは付き合いで引いたりもしますが、

 

自分の人生は大吉と思えば

 

大吉になると思っているからです。

 

 

おみくじなんかに自分の

 

人生を決められたく無いと言う

 

反発心があります。w

 

 

現状はAmazonは休止設定しているので、

 

受注は止まっていますが、

 

ネットショップは1日数十万円の売上げが

 

継続的に出ています。

 

 

仕事量は減っていますが、

 

受注状況は仕事量とは比例せずに

 

出ています。

 

 

どういう事かと言うと

 

私は毎日最低でも6時間ぐらいは

 

PCを使う仕事をしています。

 

 

おそらくもっと仕事をしています。

 

 

PCを触っている時間が最低6時間

 

と言う意味です。

 

 

PCを触らない仕事も多いので、

 

起きている時間はほとんど

 

仕事をしている事になります。

 

 

そもそも休みと仕事との境目の

 

概念を最近では持っていません。

 

 

仕事をしよう!と思ってやる事は少なく

 

1日の時間にやりたい事をやると言う

 

スタンスです。

 

 

その選択肢が今は仕事です。

 

 

正月はPCを触っている時間は

 

1時間程です。

 

 

しかし売上げは比例せずに

 

だいたい1割〜2割程度落ちています。

 

 

もしPCを触る時間と比例するのであれば

 

通常6時間、正月は1時間なので

 

8割以上は受注が減るはずです。

 

 

しかし、現状は高く見積もっても

 

20%程の減です。

 

 

これはどういう事かと言うと

 

PCを触る時間の長さと結果は直結しないと言う事です。

 

 

PCを触っていない時間、

 

つまり戦略や企画をする時間、

 

この時間が結果に大きく直結していると言う事です。

 

 

考える時間です。

 

 

PCの作業量はもちろんミニマムで必要ですが、

 

それ以上に「考える時間」の方が

 

大切と言う事です。

 

 

事実、正月は車での移動時間、

 

銭湯でサウナに入っている時間、

 

等々

 

 

2013年の振り返りや

 

2014年の方向性を考えています。

 

 

明日ぐらいに紙か

 

ネット上のメモ帳などに

 

記載していきます。

 

 

リサーチ作業はもちろん大切ですが、

 

それ事態よりも

 

リサーチを考えながらする事はもっと大切ですね。

 

 

また、リサーチをひたすらやっても

 

見つからない時もあります。

 

 

その時は一旦立ち止まって

 

客観的に原因を考える事も重要です。

 

 

起業当時はそんな事にはもちろん

 

気付かず、

 

朝までリサーチしたり、

 

夜中に起きてはリサーチしたり

 

していました。

 

 

しかし最近は考える時間、

 

これがかなり重要だと思います。

 

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*