【LEE@輸入ビジネス】

436号 1商品2戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。

 

LEEです。

 

在庫販売と無在庫販売

大きく分けるとこの2つがあります。

 

私は在庫販売から入り

無在庫販売も現在は取り入れています。

 

無在庫販売も3年〜4年前は

ほとんどインターネット上には

情報が落ちてなかったですが、

今はかなり情報が多くあります。

 

私が在庫販売をしていて

一番苦しかったのが

キャッシュフローでした。

 

よく言われている

「手元に現金が無い」

「儲かってるかどうか解らない」

これは在庫販売をしていれば

誰しもが思った事があると思います。

 

無在庫販売に始めて取り組んだ時は

キャッシュフローの良さに

感動した事をよく覚えています。

 

お金が残ります。

 

でこの2つですが、

どちらもメリットとデメリットがあります。

 

在庫販売は天井値が高いが

不良在庫が発生しキャッシュフローが

悪くなるのが一番のデメリットです。

 

無在庫販売は在庫販売より

天井値は低いが、ローリスクで

キャッシュフローが良い事がメリットです。

 

結論から言うと

中級者はどちらも

やっておいた方が良いでしょう。

 

選択肢の問題です。

 

在庫にしようかしまいか

判断が難しい商品、

先日私もリサーチをしましたが

やはり有ります。

 

そんな商品は無在庫で

マーケティングする選択肢を

持っておいた方が良いです。

 

その逆の無在庫販売で売れる商品、

これに関してはもっと売上げを上げるために

在庫販売も取り入れると言う

選択肢を持っておいた方が良いです。

 

少し前にAmazon無在庫販売における

教材を販売しましたが、

これは何もAmazonに限った話ではありません。

 

ちなみに教材はこれです。

https://www.viral-manager.com/aff/111529/1685/

 

楽天やネットショップでも

同じ理論で取り組めば

結果が出易いと思います。

 

ですので、現状まだどちらかしか

取り組んでいないのであれば

選択肢を増やす事も考えて行きましょう。

 

もちろん今取り組んでいる

方法で結果がある程度出てからで良いです。

 

まずは結果を出してから、

あるいはどうしても結果が出ないなら

取り組みましょう。

 

特にAmazon輸出は無在庫で

販売している人がほとんどですが、

踏み込んで在庫販売をしている人は

あまりいません。

 

後者は在庫と無在庫の

選択肢があるので

前者より確実に稼げます。

 

輸入においてもそうですね。

 

1つの商品に出会った時に

選択できる戦略が多い方が

必ず稼げると思います。

 

これはノウハウを持っているかどうかでは無く

スキルを持っているかどうかです。

 

やり方を知っていても

実践できない人は多く存在します。

 

ですので、どちらの方法も

経験し自分のスキルとして

選択肢を広げるために

持っておいた方が良いでしょう。

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*