【LEE@輸入ビジネス】

428号 他業界から学べる物販ビジネス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

韓国に来ています。

 

 

マイナス5度で非常に寒いですが(汗)、

 

先日は12時間程は外で視察等を

 

含めて色々行動しました。

 

 

韓国で有名な焼肉店があるのですが、

 

16時頃に行ったところ、

 

満席状態でした。

 

 

普段は行列ができ、

 

お肉が完売すると閉店するらしいです。

 

 

そこは焼肉なのにドラム缶のテーブルチックな

 

台で何と立ち食い屋さんでした。

 

 

入店直後「何人ですか?」と聞かれたので

 

「3人」と答えるとすぐに

 

お肉が運ばれてきました。

 

 

「何もオーダーしてないんですが?」と思ったのですが

 

そこのメニューは何と1メニューのみでした。

 

 

ご飯も無く、その他の1品料理も無く、

 

ただただ肉を食べると言う事になりました。

 

 

1人前は140000ウォン、

 

現状日本円で約1400円です。

 

 

味付けも食べやすい味付けになっており、

 

食べても食べても空腹状態で、

 

結局5人前を食べる事になりました。

 

 

すごく儲かっている方の飲食店でした。

 

 

何故儲かっているかと言うと

 

メニューは1つのみでオペレーションや

 

仕入等の業務の効率化、

 

単価は韓国ではかなり高い方の値段設定ですが

 

お店の雰囲気と味で満席状態が

 

毎日続いているからです。

 

 

ちなみに韓国では屋台では

 

200円とか300円とかで

 

食事ができます。

 

 

普通の飲食店でも

 

500円ぐらいで食事ができますので、

 

1400円と言う価格は高い事が解ります。

 

 

立ち食いで店内はわざとなのか

 

経費削減なのか空調も無く

 

非常に寒いのですぐに回転し

 

回転率も良いお店です。

 

 

ちなみにお店の雰囲気はただの倉庫…

 

 

外から見るとホームパーティーでも

 

やっているのか?と思うようなお店です。

 

 

しかし顧客が付いているのです。

 

 

これは物販でも引用できると思います。

 

 

単品リピート通販です。

 

 

1つの商品で何度もリピートしてもらい、

 

仕入や販売、また数字の解析も

 

非常に効率化されます。

 

 

何が言いたいかと言うと

 

商品数を広げる事ももちろん重要ですが

 

1つの売れる商品を何度も売る方が

 

効率も良く、儲かる可能性があると言う事です。

 

 

1つの選択肢として単品リピート通販は

 

頭に入れておいても良いと思います。

 

 

ちなみに当社では現状は

 

非常に商品数が多く、

 

行っていませんが、来年は当社でも

 

自社商品を製造して行う予定です。

 

 

楽天、Amazon、ネットショップで

 

1つの商品でどのくらい売る事ができるか

 

天井値を見てみたいと思います。

 

 

こういった他業界のビジネスからも

 

ぜんぜん物販に置き換える事が可能です。

 

 

物販業界以外の業界を知る事も

 

物販ビジネスを伸ばす1つの材料ですね。

 

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*