【LEE@輸入ビジネス】

423号 個人としても銀行との取引は必要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

資金に関して本日はシェアします。

 

 

クレジットカードの話をよくこの

 

メルマガでは書いてますが、

 

本日は実際のキャッシュに関しての

 

内容です。

 

 

色々とお金が必要になるタイミングがあります。

 

また、色々と銀行の力が必要になる事があります。

 

 

お金が必要なタイミングは

 

雇用したり、仕入を多く行ったりと、

 

経費がたくさん出ていく時です。

 

 

また、売上金が口座に入るのに

 

時間がかかる時です。

 

 

物販を長期間行って行くと

 

お金があればもっと稼げる場面って

 

結構多くなってきます。

 

 

特に楽天市場は売上げが入ってくるのに

 

時間がかかるので、

 

実質お金が無いとどれだけ売り上げていても

 

お金が回りません。

 

 

お金が回らない=ビジネス不可です。

 

 

逆にお金さへあれば稼げると言う場面もあります。

 

 

で、以前も少しだけお伝えしましたが、

 

銀行さんとはある程度取引して

 

関係を築いておいた方が良いです。

 

 

もちろんお金を借りる事が一番の

 

目的です。

 

 

その他にも補助金関係の申請をする際にも

 

認定機関として銀行さんからの

 

「この人には補助金を出しても問題無いですよ」と言う

 

書類が必要になります。

 

 

しかし、銀行さんと取引が無ければ

 

もちろん認定してくれません。

 

 

実際のところ私の場合、

 

銀行さんとは法人でのやり取りをしてきたため、

 

個人に対しての取引はほとんど無く、

 

最近個人名義で補助金に申請しようとしたところ

 

認定機関が見つからず

 

申請できませんでした。

 

(補助金の対象者になるために今回は

個人名義での申込みが必要だった)

 

 

以前はこのような補助金に申し込む

 

なんて考えても無かったです。

 

 

つまり、過去の自分が予測していない

 

今回のような事が起こった時のためにも

 

銀行さんとは信頼関係を築いていた方が良いです。

 

 

法人としては取引があったので

 

認定機関としてお力添えして下さると

 

許可を得てましたが、

 

個人名義だとまた1から取引のやり直し、

 

1から信頼を積み重ねる必要がありました。

 

 

今回補助金の申請ができなかった点より、

 

現在は個人でも借り入れができるように

 

銀行と国金から書類を取り寄せています。

 

 

法人と個人は全く別者です。

 

 

法人で取引があったからと言い、

 

代表者に信頼があるかと言うとそんな事はありません。

 

 

あくまでも別人格なのです。

 

 

ですので、今後は法人として個人として

 

各々より資金を作れるように

 

動いて行きます。

 

 

物販はある程度有在庫で売上げを伸ばすには

 

お金が必要なビジネスなので、

 

ここらへんの知識や銀行さんとの

 

付き合いは非常に重要です。

 

 

あまり対象者がいないかも知れませんが、

 

こういう事もあると言う事を

 

頭の片隅にでも入れておいて下さい。

 

 

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*