【LEE@輸入ビジネス】

421号 利益率より利幅を意識しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

商品単価を上げようと言う話を

 

シェアしたいと思います。

 

 

人によってビジネスで重要視している点は

 

変わります。

 

 

利益率、利益額、売上げ、労働時間、

 

等々

 

色々ありますね。

 

 

で、最近は為替の影響があったり、

 

ノウハウがある程度露出されている点からも

 

利益率は下がる傾向があります。

 

 

こんな事を言うとネガティブな話に聞こえますが、

 

そういう事をお伝えしたいわけではありません。

 

 

新品商品をAmazonで扱うと

 

2年前よりは確実に利益率は下がっています。

 

 

2年前は欧米仕入でも

 

利益率30%〜40%は簡単に見つかりましたが、

 

現状は10%〜20%の商品が結構多かったりします。

 

 

でここで考えて欲しいのは

 

人により重要視している点は違うが、

 

「利益」を追っていると言う事は変わらない事です。

 

 

つまりどんなビジョンを持った人でも

 

利益ありきの話だと思います。

 

 

利益を出す事はビジネスでは

 

当たり前です。

 

 

まずそこが無ければビジネスする人は

 

ほぼいないと思います。

 

 

で、利益率が落ちていると言う事は

 

利幅も少なくなりますね。

 

 

しかし、利益率が落ちていても

 

利益が出しにくくなるわけではありません。

 

 

ポイントは単価です。

 

 

単価を上げる事により

 

資金は多く必要になりますが、

 

利幅を取る事ができます。

 

 

20000円で利益率20%より

 

40000円で利益率15%の方が

 

利益を多く残せます。

 

 

高単価な商品を扱う事に抵抗がある人も

 

いますが、あまり気にしなくても

 

良いと思います。

 

 

もちろん不良在庫になった場合は

 

キャッシュフローに影響は出ますが、

 

無在庫販売なら問題ありませんし、

 

単価を上げる事ですごく苦しくなる

 

と言う事も無いです。

 

 

実際に先日当社のネットショップでは

 

一度に10万円以上の購入をする顧客が

 

数名いました。

 

 

これはたまたまでは無く、

 

意識して高単価な商品を扱うようにしているからです。

 

 

ちなみにちょうど1年前は1ユーロ100円、

 

現在1ユーロ140円と、

 

1年前と比べるとかなり円安傾向にはあります。

 

 

しかし、扱う商品の単価を意識して上げて行くと

 

為替の影響による利益率の低下は

 

そこまで大きな問題ではありません。

 

 

利益を残す事ができれば良いのですから。

 

 

つまり利益率よりも利幅を得る事を

 

意識すると良いですね。

 

 

高単価順に並べてリサーチする事も

 

また、現在は有効ですね。

 

 

是非、単価も意識して取り組んで行きましょう。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*