【LEE@輸入ビジネス】

401号 努力自慢をできるかどうか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

先日は起業家による1年以上続く

 

ゴルフのコンペでした。

 

 

このゴルフコンペは基本的に

 

物販関係者が集まるコンペです。

 

 

で、色々とこのコンペの馴れ初めを

 

話す機会もあります。

 

 

継続的に合う仲間なので

 

お互いの事をある程度解っています。

 

 

このゴルフコンペが始まったのは1年半ぐらい前です。

 

 

その頃の私と言えば一人物販時代の

 

一番苦戦していた時期です。

 

 

泊まりでコンペがあった時も

 

誰よりも寝てない状況で

 

泊まった日もひたすら顧客対応に追われていました。

 

 

ちょうど一人物販で200万円を

 

達成した時期だと思います。

 

 

で、今とその頃を比べると

 

完全に環境が変わっていました。

 

 

今はある程度自由にゴルフにも行けるし、

 

このメルマガ以外はチャットの返信をする事で

 

仕事が回る状況が出来ています。

 

 

しかし、この環境があるのは

 

努力しているからです。

 

 

結構自信を持って言えますが、

 

私は人よりも努力をしています。

 

 

なので会社に行かなくても

 

スタッフはその姿勢を感じ取ってくれていると思います。

 

 

ちなみに余談ですがこのメルマガは

 

スタッフも購読しているみたいです。

 

 

その分、昔に同レベルだった起業家よりは

 

ビジネスが進んでいると思います。

 

 

決して自慢ではなく、

 

客観的に判断しています。

 

 

ただし、ある程度会社に行かなくても

 

事業が回るようになり、

 

会社に行かなくなって業績が落ちた事もあります。

 

 

そこで自分が会社に行く事で売上げが変わる事に

 

気づいたりした事もありました。

 

 

何が言いたいかと言うと

 

「努力自慢」をできるかどうかは大切と言う事です。

 

 

努力せずに楽に稼ぐ事なんてできません。

 

 

「私は努力している!」と思う方は

 

是非回りの人と比べてみて下さい。

 

 

比べる人がいない場合は

 

是非セミナー等で仲間を見つけてください。

 

 

しかし、やはり誰しも

 

「楽して稼ぎたい」と思っています。

 

 

楽には2通りあり、

 

1つ目は効率良くと言う意味合い、

 

2つ目はただの甘えです。

 

 

楽に稼ぎたいのであれば

 

「努力」は必須です。

 

 

努力があるからこそ

 

後に楽して稼ぐ事が可能となってきます。

 

 

ここで言う楽にと言う意味は

 

効率良くと言う意味合いです。

 

 

しかし、最初から楽をできる事なんて無く、

 

「努力」をしたからこそ楽に稼げるようになります。

 

 

色々な情報が今ネットには掲載されていますが、

 

長年続く企業は「努力」をし続ける企業です。

 

 

あなたが「努力自慢」をできるかどうか

 

一度考えてみましょう。

 

 

もし不足していると思うのであれば

 

すぐに今よりも「努力」をする事を意識してみましょう。

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*