【LEE@輸入ビジネス】

395号 とあるセミナーに参加しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

11月16日(土)に空いてる方に

 

オススメセミナーの案内です。

 

 

セミナー代はなんと「無料」なので

 

もし興味のある方は足を運んでみて下さい。

 

 

http://xn--yckc3dwa3082bukbh36fpg1d.com/secret9_001/

 

 

講師の有本さんは輸入ビジネスをはじめとし

 

たくさんのビジネスをしています。

 

 

先日は経営に関するセミナーに参加しました。

 

 

参加者の年齢層も高く、

 

同業者も一人も見当たらないセミナーは

 

何故か緊張しました(笑)

 

 

そして最年少でした…

 

 

しかし、輸入ビジネスをしている人は

 

一人も居なく、

 

色んな意味で浮いていました。

 

 

そこで学んだ事をシェアしたいと思います。

 

 

講師は起業してから15年も経営を

 

継続している方でした。

 

 

15年て長いですよね。

 

 

私はまだ3年程、

 

最近お付き合いのある友人は

 

20期目と言う人も中には出てきました。

 

 

年月が経たないと解らない事も

 

結構あり、経営歴が長い人からの

 

話しは本当にためになります。

 

 

先日のセミナーを受講して

 

やはり「誰に教わるか」「誰に学ぶか」

 

は非常に重要ですね。

 

 

セミナー内容ですが、

 

やはり根本的な所の話が多かったです。

 

 

「チャレンジ」「継続」

 

本当にシンプルにこの2つが一番大切

 

と言う結論でした。

 

 

すごくシンプルで、誰でもできそうですが、

 

以外にこの2つはできないのです。

 

 

できないのがダメと言うより

 

できるようになれば良いですね。

 

 

「チャレンジ」はリスクを取る必要があり、

 

「継続」は根気のいる事ですね。

 

 

「継続」と言う話しであれば

 

例えば私達であれば

 

プラットフォームが無くなったら?

 

と一度考えてみましょう。

 

 

どうしましょうか?

 

 

プラットフォームでのビジネス者が

 

圧倒的に多いので、こんな事を言うと

 

良く思われないかも知れませんが、

 

これはある程度輸入ビジネスで

 

稼げるようになっている人には

 

重要な事です。

 

 

プラットフォームが無くなった時に

 

あなたは何ができますか?

 

 

ここでビジネスできる人と

 

そうでない人の差が生まれます。

 

 

「継続」を見越しているかどうか。

 

 

30年続く企業は0.025%です。

 

 

確立は1000社のうち25社のみが

 

30年継続して経営が可能です。

 

 

ただし、ビジネスの最初は「すごく頑張る時期」が

 

必ずしも必要です。

 

 

まずは上記の30年後よりも

 

目先が追った方が良いのですが、

 

企業としてやっていきたいのであれば

 

上記の数字を少しでも覚えておいて下さい。

 

 

ですので、最近始めた人や

 

少し稼げるようになった人は

 

まだ目の前の事だけを考えて

 

突っ走れば良いです。

 

 

逆にここの目の前の事だけに向かって

 

「すごく頑張る時期」は必ず必要です。

 

 

誰もがみな最初はそういう時期があります。

 

 

最初から頑張らずにゆっくりビジネスを

 

している人なんていないと思う程です。

 

 

初心者は目先の利益を追って

 

「チャレンジ」を行い、

 

中級社以上は「継続」を意識すると良いでしょう。

 

 

私の話で言うと両方を今も尚、

 

行っています。

 

 

今やっている事は

 

3,4年前とあまり変わらない気がします。

 

 

規模は大きくなれど

 

やっている根本は同じです。

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*