【LEE@輸入ビジネス】

2月8月は売上げが下がる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

今日は私が考えるニッパチ(2月・8月)について

 

シェアしたいと思います。

まずそもそもニッパチとは

 

2月8月の事を指します。

一般的に話の中でニッパチと言う言葉は

 

ビジネスに影響がある際に使われます。

例えば

 

ニッパチだから売上げが下がる。

 

ニッパチだから対策しないと!

簡単に言うとこんな感じで使います。

では何故ニッパチがビジネスに影響していると

 

言われているかを分析してみます。

・稼働日が少ない。(2月は28日、8月は盆休み)

 

・季節の変わり目

 

・12月1月に消費してそもそも消費者の財布にお金がない。

 

・企業も2月は新商品の準備などでプロモーションが控えめになるので、消費者の潜在意識の中に物欲が無くなる

 

・12月がセール時期、2月は新商品の準備期間

このような理由が考えられます。

昨日段階のネットショップの売上げを計算しましたが

 

確かに7%程は売上げは減っています。

ニッパチニッパチと言われる中で

 

そこまで大きく落ちたとは思いません。

これは何故かと言うと

 

商品数を多く取り扱っている事による売上げの分散

 

また新商品を外注さんが自動的に

 

どんどん登録して行っているからです。

私の場合は商品登録はツールなどは

 

使わずに手動で登録しており

 

1日に50〜100商品が登録されます。

こういったコツコツした積み重ねが

 

効果が現れています。

去年の2月も売上げも10%以内減程でしたし

 

さほど関係ないように思います。

特に私含め小さな事業の売上げには

 

大きくは左右されないと思います。

企業によっては大きく左右される

 

場合もありますが、

 

私達規模の事業では大きく変わりません。

もちろん季節商品はニッパチの打撃を

 

受ける事もありますが、

 

どちらかと言うと3月の売上げに影響があります。

気温が変化し出すと物販には外せない

 

衣食住に関する商品は大きく変わってきます。

服は薄着になり、ダウンなどは着ません。

 

冷たい食べ物の割合が多くなり、

 

それに紐づいて使用するキッチン用具も変わります。

 

冷たい飲み物も飲むようになるので

 

例えばミキサーなどをの需要が高まったりしますね。

 

エアコンや暖房関係が不必要、

 

逆に冷蔵関係の商品が必要です。

 

花粉が流行れば除湿機や空気清浄機の需要も

 

高まるかも知れませんね。

また2月〜4月は引っ越しが最も多くなりますので

 

引っ越しに紐づく生活家電の需要も高まります。

こういう風に逆に需要が高まる

 

商品などもあります。

ですのでニッパチニッパチと言われていますが

 

大きく変わりませんし

 

変わったとすればまた

 

逆に需要の高い商品も見つかります。

マスコミに振り回されないようにしましょう。

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

 

lee.chongbong@gmail.

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*