【LEE@輸入ビジネス】

19%安く仕入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

ヨーロッパ仕入れに関して

 

今日はシェアしたいと思います。

米国同様、ヨーロッパにも儲かる商品、

 

ブランドはたくさんあります。

必項知識として、付加価値税の知識が必要です。

付加価値税についてはこちら。

[link]http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/consumption/102.htm

英語で言うとVAT (Value Added Tax)ですね。

 

日本で言う消費税の同等です。

特にヨーロッパは付加価値税がべらぼうに高く

 

一番高い国はハンガリーで27%です。

つまり10000円の物をハンガリーで買うと

 

12700円を支払わなければいけません。。。

日本に住んでる人からしたら考えにくいですね。

日本なら10500円ですね。

特にヨーロッパ内でも私達が仕入れやすい国である

 

イギリス、ドイツなどは20%程です。

 

※詳しくは文頭のリンクをお読み下さい。

しかしその付加価値税は還付する事ができます。

 

ヨーロッパで仕入れた商品を日本に直送する場合

 

付加価値税の20%近くの金額を還付する事が可能です。

一応説明しておきます。

付加価値税還付とは

 

外国で支払われた現地の付加価値税(VAT:日本の消費税にあたる)を

 

所定の手続きを行い、外国税務当局から払い戻し(還付)してもらう手続きのことで

 

VATリファンドとも言います。

日本に直送可能なヨーロッパのネットショップでは

 

合計金額がVATを除いた金額で表示されるサイトが

 

ほとんでです。

しかしプラットフォームである

 

ヨーロッパのEbayやAmazonでは

 

付加価値税の還付は行ってないセラーがほとんどです。

つまり私達にはかからないはずのVATを

 

セラーが受け取っている事も多々有ります。

100ユーロで表示されている商品は

 

VAT込みの値段で表示されている事がほとんどです。

日本でもネットで買い物する時に

 

税込みになっている事がほんんどで

 

それと同じ事です。

為替の変動が激しい今は特に

 

ユーロやポンドの還付額も大きいですね。

夏にドイツに旅行に行った時に現地仕入れをしましたが、

 

ドイツから出国する空港にて還付の手続きをすると

 

19%の税金は還付されました。

私はほとんど英語ができないので、

 

手続きに戸惑いましたが一人でも

 

何とか還付手続きをする事ができました。

まとめるとヨーロッパのプラットフォーム(ebay、amazon)より

 

仕入れ、その後セラーと直接交渉する場合は

 

VATを還付してもらいましょう。

仕入れが20%近く安くなると言う事は

 

利益率に直結しますので大きいです。

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*