【LEE@輸入ビジネス】

1仕入れ1販路より1仕入れ3販路

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

本日は独自の仕入れ先をうまく活用する

 

方法をシェアします。

長期的に必ず独自の仕入れ先と言う物が

 

出てきます。

amazonだけで販売

 

ヤフオクだけで販売

 

楽天だけで販売

 

バイマだけで販売

 

ネットショップだけで販売

 

色々販路はあります。

しかし、1仕入れに対して1販路より

 

1仕入れに対して2販路の方が有利ですね。

もっと言えば自分が戦えそうな

 

販路全てに出して露出を増やした方がいいですね。

私はヤフオク、Amazon、ネットショップを

 

運営しています。

そして今年は新たな販路として2媒体に出店します。

 

現在扱える商品数は1万点近くあり

 

その商品を全ての媒体に出します。

そうする事により

 

1仕入れ1販路ではなく

 

1仕入れ5販路になり

 

単純計算で5倍の収益が生まれます。

もちろん人員ソースや

 

労力がかかりますので

 

5倍とまではいかないとは思いますが

3倍4倍にはなるでしょう。

現在は資金ができればその資金を使い

 

販路の獲得をしています。

A媒体で売れない商品が

 

B媒体でバカ売れする事もあるので

 

露出は増やした方が良いですね。

しかし、10万以下の場合は1媒体のみの

 

販売で問題ないでしょう。

 

何故なら力が分散されるためです。

しかし将来性を考えると1媒体だけでは

 

少しもったいないと私は思います。

私が一番衝撃を受けたのは

 

ヤフオク→Amazonに参入した時、

 

相場が高い事と取引が効率的だった事。

ヤフオク→Amazon→ネットショップに参入した時

 

高利益率と自由度が高い事が、

 

一番の驚きでした。

昨日の記事にも記載しましたが、

 

私は個人で参入できるほとんどの媒体に一度参入しています。

その中よりヤフオクとAmazonとネットショップを

 

選び現在は販売先を上記の3つにしています。

ヤフオク、Amazon、ネットショップは

 

一番取りかかりやすく、

 

教材もたくさん販売されており、

 

情報発信者によるセミナーやメルマガ、

 

ブログなどもありますので、

 

この3媒体は是非チャレンジして欲しいです。

実例として私が扱っている商品で

 

ヤフオクで2万円が相場ですが、

 

Amazonや楽天で3万8000円の相場で

 

売れ続けているが商品があります。

このような商品はいくつも有り、

 

過去にヤフオクで23万円の相場の商品が

 

Amazonで35万円で売れた事もあります。

最近に至っては国内転売でも

 

かなり利益が出る商品もある事が解ってきました。

こういう風に媒体を広げる事で

 

新たな気付きやアイデアが浮かぶ事があります。

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*