【LEE@輸入ビジネス】

雑務を利益に代える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

アメブロが削除されました。

 

読者の急激な増加なども原因の1つです。

 

 

プラットフォームの恐ろしさを知りましたね。w

 

 

新たに過去記事ブログを作り直しますので、

 

しばらくお待ち下さい。

 

 

※過去記事を読む方法

 

 

「脱サラ・無一文より輸入ビジネスで年商1億円」で

 

検索し、読みたい題名の「キャッシュ」をクリック

 

まだキャッシュは残っていますので、

 

1記事ずつですが見る事が可能です。

 

良かったら読み直して下さい。

 

 

輸入ビジネスは雑務が多いと言われています。

 

 

法人になりスタッフがいる中でも

 

最初の頃は雑務がまだ残っており

 

本当に嫌気がさす時があります。

 

 

できればもっとクオリティーの高い

 

仕事がしたいと思います。

 

 

現状は物販に関しては1ヶ月ぐらい

 

会社にいなくても回るようにはなってきました。

 

 

軌道修正は常にしないと行けませんので

 

野放し状態で利益を出し続けるレベルまで行くには

 

まだまだです。

 

 

ただし、必要な雑務と

 

不必要な雑務があります。

 

 

そして雑務で入力した数字より

 

色々と検証する事が可能です。

 

 

・不必要な雑務

 

梱包、取引連絡、出品など「誰でもできる作業」です。

 

 

外注した方が利益が多く出せます。

 

ただししっかりと自分と近いレベルまで

 

育てる必要があります。

 

 

品質を落とすと売上げが

 

下がる可能性もありますので。

 

 

品質低下によりクレームやトラブルが発生した場合は

 

顧客対応で多くの時間を使う場合もあります。

 

 

返金対応もし、尚かつ対応で時間を使い

 

何も良い事はありません。

 

 

利益は0ですね。

 

 

私の場合は人件費などを考えると

 

マイナスになります。

 

 

ですので誰にでもできる作業は

 

任す事は大前提ですが、

 

雑務のプロになるまで育てる事が

 

望ましいです。

 

 

まず初心者は雑務を完璧にこなしましょう。

 

 

・必要な雑務

 

 

リサーチに関する数字を集計する事

 

こちらも外注する事は可能です。

 

 

主には数字を集計した後の

 

検証や改善に数字を使いますね。

 

 

例えばどんな媒体に限らず

 

様々な数値を取っておくと

 

分析し改善する事ができます。

 

 

間隔値で見極めができる程

 

センスの良い人はいますが、

 

だいたいの人はそうではないと思います。

 

 

私もそうです。

 

 

一般人は間隔だけでは

 

自分の行ってるビジネスを

 

検証し、より良くする事は難しいです。

 

 

PDCAで考えるとPのところです。

 

 

PDCAとは以下の事です。

 

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)

 

 

しっかりと数字を取り

 

検証しないとPlanを立てる事が難しいのです。

 

 

自分自身を相手に新たに

 

 

計画→実行

 

計画→実行

 

計画→実行

 

 

このようにすると自分を

成長させる事ができます。

 

 

私は最低限でも以下の項目は

 

管理するべきだと思います。

 

 

商品名

 

状態

 

税関

 

販売手数料

 

仕入値

 

売価

 

送料

 

カテゴリ

 

仕入日

 

販売日

 

販売曜日

 

利益率

 

即決or1円(ヤフオクの場合)

 

 

上記の数字を取ってると

 

例えば以下のような事が解ります。

 

 

・仕入れ値を下げると利益率が大きく上がった

(仕入れ値より)

 

・○曜日は特に売上げがあがりやすい

(販売曜日)

 

・即決で売れる方が利益率が高い

(即決or1円)

 

・今月売らないといけない不良在庫がいくら分あるかわかる

(仕入日、仕入れ値より)

 

 

などなど

 

 

検証ができます。

 

 

今となっては輸入ビジネスが体にしみついていて

 

間隔値が優れてきたので、大まかな答えが出せます。

 

 

しかし、いきなりそうなったのではなく

 

数字を取り検証を繰り返した結果

 

感覚が優れました。

 

 

もし、自分自身がどう改善したら良いか

 

わからなくなった時は

 

数字とにらめっこしてみて下さい。

 

 

必要な雑務は必ず行い

 

その数字を元に利益をより出せるように計画しましょう。

 

 

数字は嘘をつきません。

 

 

 

 

■LEEへの質問はこちら
lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*