【LEE@輸入ビジネス】

連休前の実践的な対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

連休の案内はいつのタイミングで出していますか?

 

正月、GW、お盆休みなどが代表的な

連休です。

 

次の連休はゴールデンウィークですね。

 

今日は4月21日なので早い会社は

あと1週間程でGWに突入します。

 

そこで案内を事前に出している

販売者と直前に出す販売者とでは

少し差が生まれます。

 

消費者は常に何かを疑っています。

 

・このお店は大丈夫なのか?

・人の気配がないが?

・電話がつながるのか?

・ちゃんと商品を届けてくれるのか?

などなど

 

私達もebayから仕入れをする際に

注意しますよね。

 

それと同じように私達のお客さんも

注意しています。

 

一般消費者は私達よりITリテラシーは

低いので私達程ではありませんが、

少しの注意はしています。

 

ゴールデンウィークの休業案内を

出していれば

「○日から休みなので、それまでに買おう」

「GWに使用したいから今買おう」

となります。

 

しかし、その案内が直前だったり

無かった場合はクレームにつながりますし、

何よりもお客さんをがっがりさせてしまいますね。

 

「せっかくGWに使おうと思ってたのに」

となるわけで、リピーター化する事は難しいです。

 

ですので、ヤフオクでもAmazonでもネットショップでも

なるべく早く休業の案内を出しましょう。

 

ちなみに私の会社は

何名か出勤するみたいなので、

少数ですが、受注を受けるつもりです。

 

連休中は消費量が一時的に高くなる時期ですからね。

 

もしあなたもGW中も営業するならば

GWも休まず営業中!のような

差別化する文言を入れても良いかと思います。

 

何も書いていないより

休業or営業の記載がある方がお客さんは安心します。

簡単にできる施策ですので取り組みましょうね!

 

 

他にも連休中にできる対策としては

 

納期を明確にする事です。

 

 

「注文後、○日後までにお届けできます」

 

「今注文すると○日にお届けできます」

 

などなど

 

連休は特に消費者が納期にシビアになる時期なので

 

こちらもシビアに記載してあげると

 

高倍率は上がると思います。

 

お客さんには包み隠さず話す事で

良い方向に転じる事が多いので

休業の案内以外にもなるべく

本音でお付き合いできるように

ビジネスをしていきましょう。

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*