【LEE@輸入ビジネス】

輸入<物販

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

最近では為替の変動が激しいと言う声を

多く頂いております。

 

確かに以前よりもドルもユーロもポンドも

20円以上高くなっています。

 

例えば100ドルの仕入れをする場合

1ドル80円程の時に8000円で仕入れていた商品が

今では1ドル97円〜100円ですので、

役10000円程の仕入れになると言う事ですね。

 

100ドル8000円で仕入れていた時に

利益率が20%だった場合、

販売価格は10000円で利益は2000円です。

 

現状の為替だと以前の売値が

仕入れ値になっていますね。

 

上記のロジックから考えると

仕入れて売るだけで利益を出す事は

難しいと言う見解ができます。

 

しかし、輸入ビジネスの起業家と

食事に行った時には為替の話は

出るか出ないかぐらいのレベルです。

 

つまり、あまり気にしていないと言う事です。

 

何故気にしていないかと言うと

為替の影響を受けていないからです。

 

もちろん一時的に利益率の低下も

ありましたが、値段を調節しても

大きく購買率は変わりませんでした。

 

また純粋なebayやAmazon仕入れだけでも

利益を出し続けています。

 

また、以前にもお伝えしましたが

物販であれば輸入にこだわる必要もありません。

 

例えば為替が問題でどうしても

収益が出せなかったとしても

国内仕入れに転じれば良いです。

 

日本のメーカーや代理店は

為替予約をして仕入れていますので、

まだ為替の影響を受けてはいません。

 

つまり今国内仕入れをすれば

以前の円高の為替で仕入れる事ができます。

 

メーカーによってはすでに

値上げをしているメーカーは多いですね。

 

私達のような中小企業、

そしてメーカーや代理店も輸入しているには

違いがありません。

 

つまりメーカーや代理店も今後は為替の影響を

受けると言う事ですね。

 

為替予約は確か半年前ぐらいの為替レートで

仕入れる事ができるはずなので、

夏頃になると私達と同じようなレートで

仕入れる事になり、定価も大きく変わってくる

メーカーや代理店も多いでしょう。

 

個人輸入の良いところは

メーカーや代理店ができない

小さなパイを取れる事です。

 

1個単位で仕入れる事が可能で

海外価格差を算出して、

利益を出す事ができます。

 

簡単に言うと「小回りがきく」と言う事です。

 

逆に為替の変動があり、

現在はどちらかと言うと

メーカーや代理店の方が有利と言う見方もできます。

 

「小回りがきく」と言う事が一番のメリットなので

例えば為替予約している国内メーカーから仕入れたり、

海外にOEMしたり、卸契約をしたり、

そういう事もできます。

 

ですので、1つ言える事は

輸入を極める事も大切ですが

「物販を極める」事も大切です。

 

間違ってほしくないのは

「円安なので国内仕入れしましょう」

「円安なのでOEMしましょう」

「円安なので卸契約しましょう」

 

と言う事を

言いたいのではありません。

 

上記は1つの例であり、

ebayやAmazonから普通に仕入れて売っても

利益はまだまだ出せます。

 

輸入でも稼ぎ続ける事ができますし、

そういう選択肢もあると言う事をお伝えしたいのです。

 

仕入元が海外であれ、日本であれ、

販売方法は特に変わりません。

 

ヤフオク、Amazon、ネットショップ、バイマ、楽天

等々になるでしょう。

 

ですので、

輸入を極める事も大切ですが

「物販を極める」事も大切です。

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*