【LEE@輸入ビジネス】

輸入に対する不安はありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

ここ2ヶ月〜3ヶ月は大きく

 

為替の変動がありました。

米ドルが80円以下→10円以上高騰

 

ユーロは100円代→15円以上高騰

 

ポンドは120円代→20円以上高騰

メルマガを毎日配信していると

 

為替に不安を感じている方から

 

多く質問が届きます。

・輸入は大丈夫でしょうか?

 

・輸入が厳しくなるので輸出したい

 

・現状の為替レートで今後も仕入れられないか?

などなど質問が来ていますので、

 

今日は私の考えをシェアしたいと思います。

<・輸入は大丈夫でしょうか?

 

正直私は為替に関してはあまり気にしていません。

ダメになったらダメになったで

 

その時に考えれば良いと。

仮に実際に輸入ビジネスで稼げなくなったら

 

この考えは「リスクヘッジが甘い」と

 

言われるでしょうが、私は気にしていません。

それより自分のビジネススキルを高める事を

 

優先しています。

 

そして「ベスト」を尽くす事です。

「ただ単に稼ぐ」

 

「ビジネススキルを上げながら稼ぐ」

この2者では将来稼げる金額は

 

異なると思います。

前者は1つのビジネスモデルしかできないでしょうが、

 

後者は他のビジネスをしても

 

ある程度の結果を出せるはずです。

ビジネスは根本は同じと思っています。

どんなビジネスでも

 

必ず集客と販売とリピーターの

 

3つで成り立っています。

私は正直為替に関しては詳しくありません。

 

詳しい人でも100%為替を読む事は

 

不可能だと思っています。

為替の変動によりもちろん輸入ビジネス者は

 

利益の増減に関わります。

しかしそこを気にするよりは

 

自分のスキルの向上や

 

その中でどうやって利益を出すかと

 

考える方が先決かと思います。

物事には内部要素と外部要素があり

 

為替に関しては外部要素です。

外部要素はある程度のリスクヘッジが

 

可能ですが、仕方がないと割り切っています。

そもそも日本の貿易自体は

 

1000年以上前から存在し

 

今も尚、存在します。

そして今輸入ビジネスのパイオニアと

 

言われている人達も

 

為替が米ドル120円台の超円安時代から

 

結果を出し続けています。

輸入ビジネス者は漂流していて

 

続ける人だけが結果を出していると言う事です。

 

こういうタイミングで輸入ビジネスから

 

離れてしまう人も多くなります。

と言う事は続ける事が

 

チャンスとなるのです。

後発組でも大きな結果を得られるのは

 

そういう理由でもあります。

私もどちらかと言うと

 

後発組です。

全盛期では無かったので。

しかしまだまだ稼ぎは増え続けていますし、

 

まだまだ利益を上げる戦略は持っています。

<・輸入が厳しくなるので輸出したい

 

これに関してはそれぞれの意見があると思います。

 

私は輸出をした事がないですが、

 

両立して大きく稼いでいる話をあまり聞いた事がありません。

輸入を誰かに任せて

 

輸出をする方法なら良いとは思いますが

 

両立する事は難しいかと思います。

また輸入の天井値にいった時に

 

考えるのはありですが、

 

天井値に届いている人は

 

本当に少ないかと思います。

それなら現状のスキルのある

 

輸入を伸ばした方が利益は残ります。

輸出がどうしてもやりたい事なら

 

良いとは思いますが、

 

ビジネスとして考えた時に

 

やりたい事と

 

やるべき事は

 

違うかなと思います。

<・現状の為替レートで今後も仕入れられないか?

 

こちらに関しては可能です。

海外に口座を作り、

 

その口座に日本通貨を外貨に換え、

 

現状のレートお金を預けます。

 

その銀行が口座に紐づくクレジットカードを

 

発行していれば、クレジットで仕入れても

 

預けた時のレートで決済をする事ができます。

しかしこれは今後円安になった場合に有効ですが、

 

円高に戻った場合は得はありません。

まだ海外に口座を作り

 

その口座より仕入元へ送金する方法でも

 

現状のレートで仕入れる事は可能です。

 

 

■LEEへの質問はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*