【LEE@輸入ビジネス】

質重視かスピード重視か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

■月に30万円稼ぐ方法は反響が良く、

 

ここにも記載していますが、

 

利益額を決めると言う事をオススメしています。

理由は日々の利益額を追えば

 

月の目標数字に近づく可能性が高まるからです。

本日は利益と利益率についてシェアしたいと思います。

媒体や商品によって利益率は異なります。

A媒体は10%

 

B媒体は20%

 

C媒体は30%

または

A商品は10%

 

B商品は20%

 

C商品は30%

比較すると誰もがC媒体、C商品を

 

望むと思います。

利益率はもちろん大事です。

キャッシュフローの関係もありますし、

 

かかる雑務も減ります。

ただしあくまでも利益を出す事が目的なので

 

利益率を追求する事に注力しすぎるのも良くないですね。

私の場合も利益率が10%程の商品を売る事が

 

たまにあります。

それは利益率が低くても利益額が大きいからです。

単価が高い商品に関しては利益率が低くても

 

利益額を優先します。

例えば実例で言うと

 

仕入れが30万、販売価格35万

この場合は利益率は10%代です。

しかし利益額は5万円ですね。

1商品で5万円の利益があるのであれば

 

利益率は低くても問題無いと思います。

1時間のリサーチをすると仮定し、

 

販売単価30000円の商品で

 

利益率20%の商品を1つ探すのか

 

利益率10%の商品を4つ探すのか

 

後者の方が最終的に残る利益は2倍です。

オークションのみ行っていた時は

 

利益率など関係なく

 

10%超えてる商品はガンガン

 

スピード重視で仕入れていました。

仕入れ判断のスピードを上げる事により

 

1時間当たりの利益額を大きくする事が可能です。

また利益率が低くても

 

一度セラーと取引をする事により

 

そこから直接取引を行って

 

次回の取引で利益率を上げる事も可能です。

質とスピードのバランスは難しいですが、

 

上記のようにスピードを重視した

 

戦略も1つ選択肢としてあります。

 

 

LEEへの質問はこちらまで

 

lee.chongbong@gmail.com

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*