【LEE@輸入ビジネス】

質問力を鍛えましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

去年の夏頃より毎日メルマガを発行しています。

質問をたくさん頂いており、

 

全てに目を通しています。

ほぼ全てに返信していますが、

 

返信できない内容のものもあります。

私も勉強中ですが、

 

「質問力」も人それぞれスキルがあると思っています。

会話やコミュニケーションは

 

人脈にもつながりますし

 

商談にもつながりますし

 

海外との交渉にも必要不可欠なので

 

私は非常に大切と考えています。

質問力とはズバリ相手に対する思いやりでもあります。

相手の立場を考えて

 

答えやすい質問をする事です。

私的な内容を入れると入れる程

 

回答は難しくなります。

仲良くしている人であれば

 

私的な内容を入れても問題ないのですが

 

1回目の会話やメール内に私的な内容を

 

入れすぎるとなかなか回答はできません。

受け手:質問が解らない

 

と言う事は質問している側も自分の

 

質問について理解していない事が多いです。

例えば

 

—————————-

私は輸入ビジネスを毎日1時間やっています。

 

でもなかなか売上げが上がりません。

 

友人はそれなりに成功しています。

 

リサーチに関してもなかなか見つからず

 

仕入れても赤字で売れてしまう事も多いです。

 

何が足りないでしょうか?

—————————-

 

このような内容です。

問題点として提示している内容が多く

 

どこの回答が欲しいのか解りません。

それなら1点のみ集中して

 

質問した方が受けても答えやすいですね。

例えば

—————————-

 

1時間でどのくらい儲かる商品が見つかりますか?

 

—————————-

 

〇〇のリサーチをしていますが、

 

儲かる商品が見つかりませんが、

 

〇〇のリサーチは実践していますか?

 

—————————-

 

仕入れた後に赤字になる率は

 

どのくらいありますか?

 

—————————-

 

このように解りやすく質問

 

する方が良いですね。

自分の名前を記載していなかったり

 

する場合は論外ですが、

 

質問の仕方について困っている場合は

 

相手にとって解りやすい

 

1つの質問をしましょう。

色々解らない事や悩んでいる事がある中で

 

その1つの質問を選ぶ事によって

 

自分にとって何が必要なのか?

 

何が不足しているのか?

 

を発掘する事ができます。

相手に多くの内容を質問し

 

相手任せの返答を待ったり

 

他力本願の質問は

 

あまり良い事ではありません。

あとは誤字、脱字を避けるために

 

メモ帳か何かで書いてチェックした上で

 

コピペして送るなどは

 

私はビジネス連絡としては基本と思っています。

ただし、私以外の情報発信者への質問や

 

メーカーの担当者との商談

 

広告媒体の担当者との商談

 

出品媒体の担当者との商談

 

クレジットカードの担当者との商談

 

仕入れ先のとの商談

 

卸交渉のメール

 

ビジネス仲間との食事

 

などなど

他の場面でもできるだけ相手に

 

気持ち良く回答してもらえるように

 

質問しましょう。

今日の記事を読むと私が少し固く

 

感じるかも知れませんが、

 

そんな事はありません。w

私は誰とでもそうですが、

 

気を使い合う時間はあまり好みません。

しかし、最低限のマナーや

 

失礼の無いように気は使っています。

こんな事を言っておいて

 

お会いした事がある方で

 

気を使えていなかったらすいません。w

それとは別にビジネスメールや

 

商談や交渉においては

 

質問力も1つ必要なスキルです。

また質問を1つに絞る事で

 

自分が今やるべき事

 

今不足している事

 

が解り、自己分析にもつながります。

 

 

 

私ももっと勉強したいと思います。

 

 

■LEEへの質問はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*