【LEE@輸入ビジネス】

資金力がない人の強みとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

ここ2年間で様々なクレジットカードを

 

作ってきました。

JCB

VISA

AMEX

マスターズ

ダイナーズ

現在クレジットの限度額は合計で

 

2000万円以上あります。

デポジットなどを抜いた数字です。

現状のリソースでは1月に2000万円も

 

仕入れる事は不可能です。

そんなに必要なの?と

 

思いますが私が限度額を常に上げてきた

 

事には理由があります。

仕入れにおいて

 

「限度額が無く仕入れられない」と言う状況を

 

余裕を持って対処するためです。

もちろん最初の頃は限度額は100万円も

 

ありませんでした。

そんな中売上げを最大化するために

 

「仕入れを増やすしかない」と気付いたのですが

 

当時は全く知識も無く

 

限度額が問題で仕入れ量を

 

増やす事ができませんでした。

その時期よりこつこつクレジットカードを作り、

 

限度額の増枠の交渉をし、

 

一時限度額の増枠の交渉を繰り返し

 

今の限度額に至っています。

「世の中お金が全て」とは

 

思っていませんが、

 

ビジネスにおいてはお金を持ってる方が

 

非常に有利です。

例えば資金70万円のAさん

 

資金400万円のBさん

 

Aさんの方がスキルは少し高いと仮定します。

Aさんは利益率30%

 

Bさんは利益率10%

Aさんは70万仕入れて30万の利益

 

Bさんは400万仕入れて40万の利益

 

となります。

Aさんが限度額いっぱい仕入れても

 

Bさんの方が有利です。

※しかしAさんもうまくやれば

 

Bさんより結果を出す事ができます。

 

最後の方に記載しています。

上記の理由もあり資金力を付けるために

 

去年から借り入れも積極的に行っています。

この借り入れもお金が無くて

 

事業が回ってないのではなく、

 

いざ必要な時のために

 

借り入れをしておき、

 

信頼を得ておこうと言う戦略です。

クレジットカードも融資も

 

信頼があればある程大きなお金を

 

動かせる事ができます。

ですので今から借り入れをして

 

しっかりと返済していけば

 

将来必要になった時に

 

大きなお金を借りられます。

聞くところによると

 

事業が軌道に乗り

 

「よし今からだぞ!」と言う時には

 

何故かお金は借りにくいそうです。。。

圧倒的に資金力がある人の方が有利です。

ですので常に資金作りは意識した方が良いでしょう。

では資金力がない人は

 

どうやって戦えば良いのか?

まずは資金力を高めるために

 

カードを作ったり

 

限度額の交渉をしたり

 

一時限度額の増枠の交渉をしましょう。

そして上記の事+

 

これは私も実践してきた事ですが、

 

資金力がある人がしていない事をしましょう。

すごくシンプルです。

資金力がある人は資金力がない人よりも

 

もちろん売上げが上がります。

もちろん管理する商品も増え

 

管理するお金も増え

 

考えなければいけない時間も増え

 

顧客対応も増え

 

全てにおいて資金力のない人より

 

時間が必要になってきます。

裏を返せば資金力が無い人より

 

細かく洞察する時間が少ないのです。

その合間を縫うように

 

勝負を仕掛けると良いでしょう。

例えば簡単な例で言うと

 

オークションの即決価格を常に最安値にする

 

AMAZONのショッピングカートを

 

獲得できているか細かくチェックする。

 

相場の変動なども資金力が無い人の方が

 

よく洞察して把握する事ができます。

つまり資金力がある人より

 

機敏に動ける強みがあり

 

早いスピードで商品をさばいたり

 

仕入れたりする事ができます。

「戦わずして勝つ」と言う言葉がありますが

 

これもあながち間違ってないと思います。

資金力のない人にも強みがあります。

 

 

 

あなたの強みは何でしょう?

一度考えてみましょうね。

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*