【LEE@輸入ビジネス】

詐欺サイトの見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

本日は詐欺サイトの見分け方に関して

 

シェアしたいと思います。

まず仕入れにおいて

 

PAYPALを使わずに決済する事で

 

他者と差別化ができます。

事実私もクレジットで仕入れている

 

サイトや仕入れ業者があります。

今まで海外と数千件取引しましたが

 

一度も金額が戻ってこなかった事は

 

ありません。

しかし、詐欺まがいな事はもちろん

 

何度も経験しています。

以前にも話しましたが

 

ルンバを20台購入し

 

届いた商品はポスト投函可能なサイズの

 

書留でした。

今なら物を多く出し入れしているので

 

サインして受け取っていると思います。

当時は物量がそこまで多くなかったので

 

どの荷物が発覚し受け取り拒否をし無事返金されました。

そういったエピソードもありました。

大前提の話ですが、「PAYPAL決済可能」な

 

サイトは基本的には大丈夫です。

paypalの買い手保護で守られます。

その他の決済方法を使用する場合の

 

見分け方に関しては以下です。

・運営者の住所や電話番号の有無

 

・運営歴を調べる

 

・評価サイトで調べる

 

・Googleマップで実店舗があるか調べる

 

・問い合わせて返答があるかチェックする

この5つをチェックしています。

・運営者の住所や電話番号の有無

 

site map

about us

contact us

 

などで住所と電話番号の記載があるか

 

チェックしましょう。

・運営歴を調べる

 

http://archive.org/index.php

 

こちらのサイトで運営歴を調べましょう。

 

3年以下の場合とサイトに動きがない場合は

 

少し疑いを持って他の要素も調べましょう。

・評価サイトで調べる

 

http://www.resellerratings.com/

 

http://www.trustpilot.com/

 

こういったサイトで他バイヤーや

 

買い手からの評価を見ましょう。

・Googleマップで実店舗があるか調べる

 

https://maps.google.com/maps?hl=ja&authuser=0

 

住所で検索しストリートビューなどで

 

実店舗があるかチェックしましょう。

 

より細かく見たい場合は

 

http://www.google.co.jp/earth/index.html

 

をダウンロードして見ましょう。

 

実店舗がある場合は少し安心できますね。

・問い合わせて返答があるかチェックする

 

メールで何でも良いので問い合わせましょう。

 

返答が無いサイトは無人か、

 

もしくは取引ができても対応が遅かったり、

 

あとあとトラブルになる可能性があります。

とは言え100%詐欺サイトではない

 

確証が得ようと思えば

 

かなりの時間を要します。

リサーチや仕入れはスピードも

 

重要な要素ですので

 

まずはpaypal決済可能サイトを探す事が

 

一番安心ですね。

paypal決済可能サイトが無い場合は

 

上記5点の調べ方で

 

判断を行いましょう。

今の所、私の場合は上記を行って精査し

 

詐欺サイトだった事はありません。

参考にして下さい。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*