【LEE@輸入ビジネス】

表面的なリサーチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。

 

LEEです。

 

私達がやってる輸入ビジネスですが、

一番大切なのは儲かる根源となるリサーチです。

 

リサーチとは海外と日本の市場においての

価格差を調べ、差額のある商品を扱う事で

成り立っています。

 

シンプルに言うと海外サイトと日本サイトの

照らし合わせを行うだけです。

 

極論ですが照らし合わせの回数が多い程

儲かる商品が見つかる事になります。

 

しかし1つ注意点があります。

 

「儲かる商品に気付いていない事」があります。

 

照らし合わせを行う事がゴールになり

儲かる商品を見つけているのに

素通りしているケースがあります。

 

例えばオークファンで3万円で売れる商品があると仮定します。

 

現状のebayを見ると360ドルでBoy It now

日本円に換算すると約3万円ちょっとですね。

 

ここで利益が取れないからと

素通りしてしまう場合があります。

 

例えば本業の仕事で疲れて

思考が回っていない場合

眠い時によく起こります。

 

completed listingsを見ると280ドルで実は売っている時期があり、

RSSやSave surchersに登録しておけば

今後儲かる価格で仕入れる事が可能です。

 

つまり儲かる商品を見つけているのに

見つからないと錯覚し捨ててしまっているのです。

 

多くの人がリサーチをしている中で

表面的な情報だけでは儲かる商品を

仕入れれる可能性は低いです。

 

人が追っていない商品

人より追う事により

人と差をつける事ができます。

 

表面では儲からない商品でも

実は儲かる商品だったりします。

 

こういったケースだけでは無く

純粋にAmazon.comやプロダクトサーチを見るだけで

ebayより安価で見つかる時もあります。

 

儲かる商品をよく見つける人とそうでない人では

こういった所で差が生じていると思います。

 

ハッとした人は特に気をつけましょう。

 

基礎のろころですがあなたも

是非一度見つめ直してみましょう。

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*