【LEE@輸入ビジネス】

繰り返しの法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

昨日の記事では習慣化して

プロになりましょうと言う話をしました。

 

人を雇うにしても

外注するにしても

仕入れるにしても

 

単発でのお仕事や取引はなるべく控えましょう。

 

これは私がサラリーマン時代からを含めると

5年間ぐらいは意識している事です。

 

サラリーマンの時に部下に同じ事を

言わなくても良いように仕組みを作っていました。

 

自分のチームだけが使えるような

管理シートを作り、入力させたり、

新人への教育もリーダー格に任せていました。

 

シフトの管理などもありましたので

私は何もする事がない状態ではないですが、

ある程度の仕組みは作り、

自分だけができる仕事に集中していました。

 

しかし輸入ビジネスで独立してからも

やはりこれは非常に大切な事だと感じました。

 

リサーチの場面

人災採用の場面

販売戦略の場面

 

全てにおいて統一して大切です。

 

現状の問題が大きく変わる場合、

もしくは大きなメリットがあるなら

単発でも良いかと思います。

 

例えば本当に人が足りなくて

事業が回らないから短期で人を雇う。

 

例えば利益率が50%のレア商品を

見つけたから単発でも仕入れる。など。

 

人を雇う場合

外注する場合

 

経験している人ならわかる事ですが

教育は本当に大変です。

 

特にド初心者からの教育は正直私は

もうしたくないぐらいです。

 

一度教育したスタッフ、または外注さんと

短い間(単発)の仕事だった場合

また再度新しい人材を探し

教育する必要があります。

 

一度仕組み化したフローを

再度最初から教える必要があります。

 

私は現状では教えた内容の画面を録画し

動画(youtubeなど)で保存し

マニュアル化して教育しています。

 

しかし、細かなところは

自分が指示や修正をする必要があります。

 

仕入れる場合もそうですね。

 

一度しか販売できない商品は

将来性は0、売って利益になって終わりです。

 

しかし繰り返し売れる場合は

一度作った出品ページ、

写真、検品方法、発送方法など

 

全てにおいて繰り返し使える事になり。

労力も減り新商品を仕入れるリサーチ時間もできます。

 

一度使った情報は捨てない。

 

これは非常に大切で利益を大きくするなら

必ず意識する必要があります。

 

私の場合はヤフオク、Amazon、ネットショップ

これらで得た情報をフルで活用します。

 

ヤフオクで扱った商品をネットショップ化

ネットショップの商品をAmazonでも販売

Amazonで見つけた商品をヤフオクへでも販売

 

などなど。

 

商品数を増やす事はもちろんですが

派生の仕方が少し他者とは違っています。

 

あなたも一度得た情報を繰り返し使えないかどうか、

考えてみて下さい。

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*