【LEE@輸入ビジネス】

私達の輸入ビジネスはリスクが本当に少ない…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

8ヶ月で月収100万円を達成しているHanaさんが

 

「Amazon輸入で儲かる商品リスト」を

 

期間限定で無料プレゼント中です。

 

 

まだダウンロードされてない場合はこちら

 

 

 

 

https://www.viral-manager.com/aff/69147/1332/

 

 

以前にもお伝えした通り

 

最近はOEM事業にも力を入れています。

 

 

仕入→販売と言う項目以外に

 

製造が関わってきます。

 

 

非常に気付きが多いので

 

シェアしますね。

 

 

中国OEMにおいては品質管理が

 

一番の障害かなと感じます。

 

 

日本国内製造でしたら

 

非常に高品質な商品が出来上がってくると

 

思います。

 

 

しかし、中国での製造では

 

欠品率が高い事が予測され

 

工場によっても品質管理の目線はかなり

 

異なっています。

 

 

ですので、検品作業をもちろん工場側で

 

行ってもらい、その後はこちら側でも

 

検品する必要があります。

 

 

日本に商品が入ってからでは

 

工場が対応してくれない事も多く

 

日本に発送する前に

 

中国側の倉庫で一度検品するべきです。

 

 

ベストは海外のスタッフか

 

パートナーに検品作業を依頼する事です。

 

 

しかし、それもそれで検品の

 

目線が違うので自分の目で検品する事が望ましいです。

 

 

このように製造が関わってくると

 

品質に関しての検品作業が増えたり

 

欠品が多発するとトラブルが起こる事が

 

考えられます。

 

 

しかし、どうでしょうか?

 

 

OEMをしている人は

 

少数派で主には仕入れ→販売を

 

している人の方が圧倒的に多いです。

 

 

つまり、メーカーが検品や品質管理している

 

品質の高い商品を仕入れ、

 

メーカーの商品力を使って

 

日本の仕組化されてる

 

媒体で販売するだけですね。

 

 

そう考えると本当にリスクが無いビジネスだなと

 

つくづく考えさせられます。

 

 

あとはいかに稼げる商品を見つける事ができるか?

 

いかに人より早く売りさばく事ができるのか?

 

いかに安く仕入れる事ができるのか?

 

 

ここらへんの差で大きく結果が

 

変わってきますね。

 

 

あなたの課題は何でしょうか?

 

 

リサーチなのか?

 

商品サイクルなのか?

 

独自の仕入れ先を持っているのか?

 

 

資金と人員リソースが同じ条件であれば、

 

上記3つの差で結果は大きく変わるでしょう。

 

 

資金と人員リソースは最低限必要な要素なので

 

ここが不足している場合はまずはこの2つを

 

確保しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*