【LEE@輸入ビジネス】

相場を読むために必要な2つの観点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
LEEです。
昨日は以下のような内容を

シェアしました。
——————————-
輸入ビジネスはプランを立て

その通り行動すれば

かなり目標を達成しやすいです。
何故なら数字が全て出ているためです。

数字は嘘をつきません。
唯一数字で難しい箇所は

落札相場です。

(20000円で売れるはずで仕入れた商品が
15000円で売れた場合など)

そこを間違えなければ

結果は伸びるでしょう。

——————————-
上記にあるように輸入ビジネス(ネットビジネス)は

ほとんど正確に数字が取れます。
仕入れ

転送会社

販売手数料

国内送料

消費税

関税

販売価格

利益率

在庫数

アクセス数

コンバージョン率

リピート訪問率

直帰率

広告費
などなど
算数計算で利益がいくら残るのか

計算が可能です。
唯一数字で難しい箇所は

落札相場です。

(20000円で売れるはずで仕入れた商品が
15000円で売れた場合など)
誰しもが必ず経験するのが

「相場が下がる」事ですね。
実際に僕も体験していますし、

よくこういった話をよく聞きます。
相場を見る時に見るべき観点は2つです。
・最高額で落札された場合

・最低額で落札された場合
この両者の観点をもって

リスクやリターンを計算します。
例 Aのパターン

最高額で落札された場合
20000円

最低額で落札された場合
10000円

仕入れ10000円
例 Bのパターン

最高額で落札された場合
20000円

最低額で落札された場合
15000円

仕入れ17000円

※販売手数料やその他必要経費は仕入れに含みます。
Aの場合なら私は仕入れます。
何故ならリスクが0だからです。
この場合は得られるリターンは10000円の可能性があり

リスクは0です。
ですのでこういった商品はどんどん仕入れます。
労力はかかりますが、

お金は減りません。
逆にBの場合は仕入れません。

私の場合は利益率20%を切る商品は

仕入れません。

この自分のルールの段階で仕入れ不可と判断します。
他の見方で言うと

最高額で利益3000円

最低額で利益-2000円

これは利益3000円のリターンの可能性に対して

-2000円と言うリスクの方が少ないですが、

対して利益が割に合っていません。
感覚的ではありますが何となく

解るかと思います。
上記の事は相場だけではなく

ビジネスにも引用できます。
例えば最近私の会社は

スマホサイトのショッピングモールに

出店しました。
費用は年間で20万円代

この価格以上のリターンが望めそうだったので

参入する事にしました。
-20万円のリスクに対して

それ以上のリターンの方が大きいと判断しました。
リターンとは利益だけではなく

スマホ市場の開拓と勉強代も含んでの出店です。
※今年は自分がどんどん新たにチャレンジをして

その結果を先駆者としてみなさんに

シェアしていきたいと思っています。
・最高額で落札された場合

・最低額で落札された場合
この両者の観点を持つ事は

私は重要だと思います。

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*