【LEE@輸入ビジネス】

疑心暗鬼は損をする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

今は趣味でフットサルをやっています。

 

高校生まではずっとサッカーをやってました。

 

私の趣味の話をずっとするわけではありませんので

 

最後まで読んで下さいね。w

ちなみに練習は休んだ事がありません。

 

風邪や熱を引いても練習を休まない

 

とても効率の悪い学生だったようです。

練習ではかなり走り込む部活でした。

 

練習試合に全国一位のチームに負ければ

 

坊主&200Mダッシュを20本。

私達は走るのが嫌で坊主にするのが嫌で

 

試合に勝とうとしていました。

これは良くない事です。

 

いわいる惰性です。

 

自主性が無ければ全く成長しません。

当時の監督は人生の恩人ではありますが

 

指導方法はかなりの熱狂家でした。

とにかくやれ!やらないと走れ!

 

と言うトップダウンが毎日のように繰り返されました。

どうなったかと言うと

 

我々は県大会で1点差で3度ベスト8止まりを経験しました。

 

監督は当時全国一位を目指していました。

他人に口外する事で目標まで頑張れたり

 

ご褒美を決める事で目標達成の原動力にしたりします。

しかしながら人から言われた大きな目標に

 

小さな目標を追っている人はついていけないのです。

心のどこかで「無理だ」と思う自分がいるのです。

 

これは輸入ビジネスでも当てはまります。

「本当に稼げる!」と思うA君と

 

「本当に稼げるかな?」と言うB君なら

 

確実に前者が稼げます。

これはコンサル生を見ていても沁沁感じます。

 

私も最初輸入ビジネスをはじめた頃は

 

船原さんの著書を見て「本間に稼げるだろうか?」

 

と思っていました。

しかし信じやすい私は「本当に稼げる!」と

 

思い込み今に至っています。

輸入ビジネスの起業家には

 

かなり上記のような人が多いです。

悪い言葉で言うと馬鹿正直なくらい

 

真っすぐに行動するのです。

こうして私が毎日書いている記事を

 

信じるきるか、疑心暗鬼で取り組むかだけでも

 

大きく結果が変わるでしょう。

私も無料のブログやメルマガを読んでいましたが

 

疑心暗鬼に思う事もありました。

「本当にこんな売れるのか?」

「本当にこんな事が起きるのか?」

 

と当時の自分とは目線が違い過ぎたのです。

しかしそれは人に紐づいていたので

 

自分が信じる人の情報はかかさず読んでいました。

疑心暗鬼を取っ払う事もまた1つ

 

稼げるためには大切なポイントです。

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*