【LEE@輸入ビジネス】

現状のEC市場に関して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

最近はインターネットに関して勉強中です。

今日はとても興味深い事があったのでシェア

 

します。

とある調査報告によると

 

一般消費者のオンラインショッピングで

 

年間で最もボリュームがある

 

年間支出額は1万〜5万円です。

みなさんはどれくらい使いますか?

細かく説明すると

 

0円 約3%

 

5000円未満 約8%

 

5000円〜10000円未満 約12%

 

1万〜5万円未満 約33%

 

5万円〜10万円未満 約20%

 

10万円〜30万円未満 約14%

 

20万円〜50万円未満 約4%

 

50万円〜100万円未満 約1.5%

 

100万円以上 約0.5%

 

その他わからない 約4%

100人いれば33名の人が

 

1万円〜5万円の支出しかしません。

次にボリュームがある支出額は

 

5万円〜10万円未満 約20%ですね。

足すと1万円〜10万円の割合が53%

 

つまり約半分ぐらいの人が

 

オンラインショッピングで

 

年間1万円〜10万円を消費しています。

そして、2011年からほぼ割合の変化が無いのが

 

利用しているカテゴリです。

下記は売上げ規模などの順位では無く

 

最も消費者が利用頻度が多い順位です。

1位はダントツで雑誌や書籍

 

2位は衣料、アクセサリー、ファッション

 

3位はCD,DVD、ブルーレイなどです。

 

4位はパソコンやハードウェア

 

5位は食品関係

 

6位は化粧品、ヘルスケア

 

7位は家具、雑貨、小物

 

etc…

日本のEC流通額は2012年に10兆円前後だった

 

はずなので、私達のような小規模の売上げだと

 

カテゴリにこだわる必要は無いのですが、

 

理解はしておいても良いかと思います。

せどりをやった事が無いのですが

 

雑誌や書籍がダントツ1位と言う事は

 

せどりもまだまだ需要があるのでしょうか。

たまに本屋に行くとバーコードリーダーを

 

持ってる人がいますね。

そんな話は置いといて。

上記のカテゴリの割合通り

 

やはり衣料、アクセサリー、ファッションが

 

天井値は高いですね。

必然的に衣食住に関わる商品は

 

売れますね。

媒体によっても違ってくるとは思いますが

 

全体的なEC市場の割合としては

 

おさえておきたいジャンルです。

実際私は今スマフォ市場のショッピングモールに

 

出店したばかりですが、

 

そのショッピングモール用に

 

商品を用意していません。

〇〇の商品があるから参入しようとか

 

そういった理由で出店していません。

スマフォ市場はこれから外せない事が

 

第一の理由でマーケティングも含めて

 

出店しています。

また、どんなビジネスにも

 

先駆者利益があるはずと言う理由も兼ねて出店しています。

現状扱っている商品を併売するのが一番

 

レバレッジが効くのかなと思っています。

労力に対する返りが最も大きいかと

 

思います。

ここらへんに関しては現在

 

出店準備中ですので、またシェアしますね。

ですので他店舗展開する時

 

例えば、ヤフオクからAmazonへ

 

Amazonの次は楽天へ

 

楽天の次は自社サイトへ

 

などの場合は扱う商品は重要です。

と言うより物販は商品力が

 

売上げに直結する割合で言うと

 

大半かと思っています。

無在庫で商品が売れるのは

 

そういった理由ですね。

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*