【LEE@輸入ビジネス】

物販はお金が残らない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

物販をしているとお金が無い状態の時が多くあります。

だいたい利益率が10%〜50%程ですので、

 

平均すると20%〜30%ですね。

解り易くするためにここでは20%としましょう。

つまり80万円の仕入れ、全て販売して100万売り上げ、

 

そして、20万の利益が残ります。

しかし80万円の仕入れ、80万円を売り上げた場合は

 

お金は残りません。

上記場合はには2つのパターンがあります。

1つ目は全て販売して80万円だった時、

 

これは仕入れミスですね。

2つ目は20万円分の売上げ在庫が残った状態での

 

80万円の売上げ。

この場合は回転が遅かったのか、

 

安売りしていないかどちらかでしょう。

このように当たり前ですが仕入れた金額以上に

 

売上げないと利益は残りません。

「お金が残っているか解らない」

 

「本当に稼げているのか?」

このように感じる事も多々あると思います。

物販は利益計算が解りにくいところはあり、

 

実際に私も1ヶ月に一度は考える事があります。w

そして出た利益をまた仕入れに再投資したり、

 

セミナーに行ったり、

 

教材を買ったり、

 

コンサルフィーに使ったり、

 

色々自己投資をしていくと

 

本当にお金を稼げと稼げど

 

実際に現金が残らない時もあるでしょう。

しかし、それは良いか悪いかは別として

 

ビジネスに投資しているなら

 

私は正解だと思います。

物販で稼いでいる人は多くいますが、

 

業歴が短い人程お金は残っていないです。

それはやはりビジネスに再投資する事、

 

チャレンジする事を常に心がけているからです。

またビジネスを成長させている証拠でもあります。

物販をしているとお金が残らない事も多いですが、

 

では何が残っているかを計算する必要があります。

自分のスキルや成長はお金に変えられませんので、

 

数値化する事は難しく、肌感覚になりますが、

 

数値化できる箇所はしておいた方がいいでしょう。

つまり、「貸借対照表」を付ける事です。

知らない人のために説明すると

 

バランスシートとも言われていますが、

 

すごく簡単に説明すると、

 

企業の財政状況を把握できるシートです。

私は一人物販の時からオリジナルの管理表を

 

付けていたので、それが貸借対照表の役目を

 

果たしてくれています。

ネットで探すとテンプレートなどが

 

出てきますので、

 

一度見てみても良いでしょう。

難しくて解らない人のために

 

以下数字を把握する事をオススメします。

すごくシンプルに言うと

 

「いくら売上げ金があり、いくら支払いがあるか」や

 

「資産」と「負債」

 

を計算する事です。

物販の場合ですとだいたい

 

以下のような項目になると思います。

「資産」

銀行口座残高

アカウント残高(Amazon、PAYPAL)

代引き未回収額

その他未入金額

棚卸資産(在庫)

 

「負債」

主には未払い金

(仕入れで使った未払金、販売手数料、代行手数料、送料、人件費、家賃、顧問料などなど)

特に組織が大きくなると

 

資金管理が個人の時より複雑になってきます。

こういう風に自分のビジネスを

 

数字でいつでも見れるように

 

しておく事をオススメ致します。

そうする事により

 

自分のビジネスの整合性を把握でき、

 

次の一手を出す判断も早く行えるでしょう。

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*