【LEE@輸入ビジネス】

物販の魅力は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

あなたは何故輸入ビジネスをしていますか?

輸入ビジネスの魅力について再確認しましょう。

大前提で「稼ぐため」これは誰しもが

 

考えている事だと思います。

稼ぎやすさも他のビジネスに比べて

 

かなり上位にあると思います。

FX

 

 

アフィリエイト

 

投資

色々あるかと思います。

アフィエイとの世界ですと

 

月に30万円稼いでいる人は

 

懇親会などで「神」レベルに

 

思われるそうです。

しかし物販はどうでしょう?

30万円プレイヤーは

 

セミナーに行くと幾度と多くいますし、

 

とあるセミナーでは半分ぐらいの人が

 

100万円プレイヤーだった事もあったそうです。

正直稼げる天井は他のビジネスよりも

 

低いです。

物販ビジネスは右方上がりで

 

伸びていくビジネスです。

稼いでいる人も

 

グラフにすると緩やかなカーブです。

しかし他のビジネスは

 

グラフにすると急カーブを描きます。

つまり稼いでいる人と

 

そうでない人との差が激しいのです。

物販の稼ぐ天井が低いとは言え

副業で200万

 

専業で300万

 

会社にして500万

 

とかでしたら日本国内を探すと

 

ぜんぜんいます。

100人が物販をすれば

 

稼いでいる人は半分は

 

いると思います。

しかし他のビジネスでは

 

半分以下は脱落してしまうそうです。

何故かと言うと

 

物販は物を扱います。

そしてその物を買った時の値段より

 

高い値段で売ったら利益が残ります。

 

すごくわかりやすく

 

仕入れた物が届いたら

 

売るしかない状況にもなります。

ですので色々あるビジネスの中でも

 

個人がするなら再現性が一番高いのでは?

 

と私は思います。

例えばアフィリエイトでしたら

 

稼ぐまでに時間がかかり

 

脱落してしまったり

 

情報商材に目移りし

 

他のビジネスに転向してしまう。

 

こういうパターンが予測できます。

つまり「継続」する事が

 

かなり難しいです。

他ビジネスを否定しているわけでは無く、

 

物販ビジネスがいかに良いかお伝えしたいです。

他にも魅力はたくさんありますね。

 

私が思う魅力とは以下です。

・社会的評価が高い

 

名刺に「インターネットビジネス」と書いているより

 

「貿易業」と書いた方が安心します。

 

今でも変な物輸入していない?と

 

疑われる事はありますが(笑)

 

他ネットビジネスと比べると

 

社会的な評価はまだまだ高いですね。

・物に興味があれば楽しい

 

自分が好きな商品を扱えたり、

 

自分の趣味を生かす事ができます。

 

実際に私は趣味のゴルフ商品で

 

稼げる商品をたくさん見つけています。

 

また個人的にも「限定」と言う言葉に非常に弱く

 

限定品を購入する顧客の心理がわかりますので

 

扱えば成約率が高いです。

・仕入れたお金でマイルが貯まる

 

月に500万〜1000万は仕入れています。

 

つまり還元率1%ですと5万〜10万マイル貯まります。

 

シンガポールまでビジネスクラスで6万マイル

 

ヨーロッパもビジネスクラスで8万マイル程です。

 

仕入れ量が多くなると海外旅行に困りません。

 

また海外は日本とサービスやビジネスの考え方が

 

違ったりするので、ビジネスを考える意味でも

 

行くべきです。

・海外に行くと現地仕入れができる

 

実際に私がドイツに行った時に3商品で

 

10万円程の利益を出す商品を仕入れて帰りました。

 

目的は仕入れではなく、ついでに仕入れたと言う感じです。

こういった魅力があります。

もちろん他に魅力を感じて

 

取り組んでいる場合もあるでしょう。

どうせやるなら楽しい事

 

やりたい事をできる人生が良いですね。

物販をやり始めて2年経ちましたが

 

まだまだやりたい事や

 

レベルアップは可能です。

どこまでできるか

 

今年も頑張ってみたいと思います。

どうせなら人がやっていない事

 

出していない結果を出す事を

 

やりたいです。

物販はまだまだできる事は

 

たくさんあります。

今情報商材や表に出ているノウハウでも

 

もちろん稼げますし、

 

表に出ていないやり方もあったり、

 

まだまだ可能性があります。

今年はそういった情報をどんどん

 

出して行きますね。

 

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*