【LEE@輸入ビジネス】

検索エンジンで需要を調べましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

私達輸入ビジネス者は

 

アフィリエイターには物販は勝てません。

日本のトップアフィエイターの知り合いがいますが、

 

1年以内ですでに月商が1000万以上です。

それには理由があります。

 

「集客と販売」の知識があるためです。

そもそもヤフオクやAmazonは

 

インターネット上の百貨店のようなものです。

 

ネットショップは1軒屋の実店舗です。

いかに立地の良い場所(アクセス)にお店を出し

 

いかに興味のある商品のアピールし

 

いかにして販売するかで売上げが異なってきます。

同じ商材を扱っていてもそうです。

私達は常に何かに依存しており、

 

依存先が集客や販売をしてくれます。

ヤフオクやAmazonを実店舗に例えると

 

丸井や大丸や高島屋のような

 

有名どころの百貨店です。

もちろん一軒屋の実店舗(ネットショップ)より

 

百貨店の方が人が集まりやすいですね。(アクセスが多い)

私もヤフオクから物販を始めたので

 

SEOが何なのか?

 

PPCが何なのか?

 

これは去年の7月までは無知でした。

しかしネットショップの販売を始めてから

 

SEOやPPCの知識が必項で今後も

 

必ず知識が絶対的に必要だと感じています。

アフィエイターが物販を始めると

 

すぐに結果を出す事はこれらの知識が

 

非常にたけているからです。

色々なSEO会社の知り合いがいますが

 

数ヶ月前のパンダのアップデートで

 

SEOの順位がトップ10から圏外に飛ばされたりしています。

これは私自身がSEO会社に頼りすぎていて

 

自分で敏感に対応していなかったのが原因でしょう。

今プラットフォームでしか販売していない人も

 

一度自分が扱っている商品をGoogleやyahooで

 

検索してみて下さい。

 

 

 

プラットフォーム内だけにライバルがいるのではなく

 

本当のライバルが他にいたり、

楽天やAmazonやヤフオクなど、

 

どのプラットフォームが一番SEOが強いのか?

媒体によりどのブランドに力を入れているのか?

 

などを調べる事ができます。

特にAmazonはPPC広告も打っていますので

 

AmazonがPPC広告を打っている商品は

 

販売に力を入れており、売上げが高い事がわかります。

広い視野を持って普段やらない

 

Googleやyahooでの通常検索をしてみましょう。

また違った目線で物販を考えられる視点が持てます。

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*