【LEE@輸入ビジネス】

新規リサーチ+〇〇をしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

本日はリサーチについてです。

新規リサーチを毎日する事は大切なのですが、

 

体力勝負なところがありますね。

初期の頃は毎日1日に6時間以上はやっていました。

しかし月収50万円を過ぎたぐらいから

 

新規リサーチは非常に少なくなりました。

新規リサーチは5年10年と毎日できるかと言うと

 

なかなか難しいと思います。

実際に私やパワーセラー達は

 

おそらく毎日リサーチはしないと思います。

ではとうやって利幅のある商品を見つけているかと言うと

 

再販商品を独自ルートで仕入れている事が多いです。

私はリサーチに関しては

 

需要と供給しか見ていません。

需要>供給の場合に仕入れ

 

需要<供給の場合には仕入れません。

価格差の有無はもちろんですが

 

観点としては需要と供給ばかり見ています。

極端な例で言うと月の販売(落札)件数が3件

 

しかし仕入れが1件しかできない場合、

 

即仕入れます。

上記の例は限定商品やマニアック商品に多いです。

一般的な輸入商品の場合でも

 

ライバルがたくさんいる商品は参入しません。

 

※オークションに限ります。

その他の市場でライバルがたくさんいる場合でも

 

自分に勝機がある時は参入します。

少し話がそれましたが、

 

新規リサーチを毎日する以外の方法では

 

・再販商品を扱う(直接取引や独自ルートでリピートする)

 

が代表的には方法としてあります。

しかし、これ以外にも新規リサーチを毎日しなくても

 

良い方法があります。

それは商品リストを作る事です。

一度新規リサーチで調べた商品を

 

リスト化しておきます。

そのリストを再度リサーチする事で

 

利幅のある商品を見つける事ができます。

需要と供給の問題で一時的に利幅が無くなった商品が

 

時間が経過すると利幅が取れる場合があります。

基本的に輸入商品は以下の流れで

 

売られています。

輸入商品

 

利幅が取れる

 

ライバルが増える

 

飽和

 

参入者がいなくなる

この繰り返しです。

ただし相場は2-3ヶ月で取れる利幅が

 

元に戻る事があります。

実は私はこういうタイミングを

 

狙ってリサーチをしていた時期もあります。

海外の仕入れが安くなるか、

 

仕入れ価格が同じでもライバルがいなくなるか、

 

どちらかの理由で参入者がいなくなった後に

 

チャンスが巡ってきます。

需要と供給のバランスは常に一定では無く

 

変動しています。

需要>供給

 

需要<供給

 

「需要>供給」

最後の「需要>供給」は結構見ている人は少ないのです。

ですので一度扱った事がある商品は

 

リスト化しておき、

 

またそのリストを定期的に洗い直すだけで

 

儲かる商品には困りません。

常に新しい商品を探す必要が無く

 

再販する事で仕入れ先も有り、

 

商品ページも用意できており、

 

商品知識もあり、

 

全てにおいて効率的です。

とは言え、トレンドや市場を把握するためには

 

新規リサーチは定期的に行う事がベストです。

ですので

 

新規リサーチ+商品リスト化

 

する事がベストです。

 

 

 

物販は結構シンプルで

 

販売価格ー仕入額ー経費=利益

 

です。

安く買って高く売るだけですね。

「新規リサーチ+商品リスト化」を行い

 

更に収益を上げていきたいですね。

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*