【LEE@輸入ビジネス】

悪い評価をもらわない事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

本日は評価についてシェアします。

 

先日Amazonで新居の家具を購入しました。

 

すると、届いた商品は思っていた商品とは違う

カラーが届きました。

 

2カラーあったのですが、

カラー名がタイトル内で文字数オーバーで切れており、

カラー名の表示がしっかりされないままの状態でした。

 

返品希望の連絡をするとすぐに対応してくれました。

 

そのショップは評価4800程、

高い評価は95%でした。

 

4800もの取引をして評価95%が高いのは

すごいですね。

 

そのショップがしている評価施策は

返品者に対してAmazonのギフト券をプレゼントし、

良い評価をもらう事でした。

 

Amazonギフト券はAmazon内に売っています。

 

で、Amazonの評価に関してですが、

Amazonは基本的に悪い評価をもらいやすいです。

 

ヤフオクより評価の目線が非常に厳しいです。

 

で、Amazonのショッピングカートを取るには

評価は条件の1つに入っており、

評価は非常に重要です。

 

良い評価をできるだけ多くもらう必要がありますが、

それ以上に悪い評価をもらわない事の方が大切です。

 

例えば全評価数が10有り、

良い評価が10の場合、

高い評価は10です。

 

全評価数が10有り、

悪い評価が1あれば、

高い評価は90%です。

 

全評価数が10有り、

悪い評価が2あれば、

高い評価は80%です。

 

上記の場合から良い評価を

プラス1もらっても高い評価は82%です。

(全評価数11 悪い評価2)

 

上記の場合から良い評価を

プラス1もらっても高い評価は84%程です。

(全評価数12 悪い評価2)

 

いくら高い評価が多くても全体評価数に対し

悪い評価が締める割合が大きいです。

 

ですので、良い評価を増やすより

悪い評価をもらわないように心がけましょう。

 

悪い評価をもらうパターンとしては

納期遅れ

返品

対応が悪い

商品不良

この4つが主の理由になります。

 

この4つにより問題が生じた場合は

今回ですとAmazonのギフト券をプレゼントしたり、

一部返金したり、

対応を考えましょう。

 

Amazonだけに限らず

ヤフオクでも一部返金する事により

悪い評価を変更してもらう事も可能です。

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*