【LEE@輸入ビジネス】

従業員は休みを喜び、 経営者は休みを怖がる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

こちらのセミナーですが、

 

すでに多くの参加者が集まっています。

 

中国仕入に関しては利益率が80%

 

Amazon、バイマの利益率は90%

 

過去最高利益率はヤフオクでも90%以上

上記スキルをセミナーにて持ち帰って下さい。

 

 

限定定員ですので、埋まりしだい

 

募集は終了します。

 

 

https://www.viral-manager.com/aff/111529/1495/

 

 

 

休暇についての考え方について

 

シェアしたいと思います。

 

 

私は経営者には休みが無いと思っています。

 

 

主な仕事は考え事をする事です。

 

 

良くも悪くもプライベートで旅行に

 

行った時も仕事の事を考えています。

 

 

仕事に追われるとかそういう話では無く

 

例えば

 

「何故このサービスが必要なのか?」

 

「どんなニーズがあるのか?」

 

「そのサービスを受ける事によりどんな価値があるのか?」

 

等々を常に考えています。

 

 

ある意味職業病ですね(笑)

 

 

しかし、これは経営者には必要不可欠な事と

 

考えています。

 

 

アスリートやその道のプロも

 

毎日「どうすればもっと良くなるか?」を

 

考えています。

 

 

その考える時間が多い人程、

 

勝つ事ができます。

 

 

ビジネスも同じですね。

 

 

ここで言う「勝つ」とは

 

ライバルもそうですが

 

自分自信に対してもそうです。

 

 

私が尊敬する周りの起業家を見ても

 

常にビジネスの事を考えています。

 

 

と言うより

 

考えずにはいられないのです。

 

 

特に起業家の場合は収入の柱が

 

自分の業でしか得る事ができません。

 

 

人から給料をもらう事がほとんど無いのです。

 

 

つまり、自分のビジネスでお金を稼ぐ事しか

 

できないのです。

 

 

だから、休暇中も常にビジネスの事を

 

考えています。

 

 

ですからこういう言葉が成立ちます。

 

 

「従業員は休みを喜び、

 

経営者は休みを怖がる。」

 

 

あなたはどうでしょうか?

 

 

休みが嬉しいですか?

 

それとも怖いですか?

 

 

前者の考え方は従業員、

 

後者の考え方は経営者と言えます。

 

 

休みがいらないと言う人は

 

仕事を楽しんでいます。

 

 

楽しんでやる事も1つポイントですね。

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*