【LEE@輸入ビジネス】

当たり前の意識を持つ事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

私的な事ですが、

 

先日20日をもって29歳になりました。

 

 

私の中で29歳と言う歳は非常に

 

思い入れのある歳です。

 

 

本日はそこ事についてシェアしたいと思います。

 

 

プロセスや意識の話です。

 

 

私は18歳の頃に決めた目標が

 

「サラリーマンは3年で辞める」

 

「29歳までに社長になる」

 

これが目標でした。

 

 

何故3年かと言うと

 

3年あれば社会的な常識や

 

ある程度のスキルは付いているだろうと言う

 

安易な考えでした。

 

 

何故29歳かと言うと30歳までに

 

起業すると言う事を目標にしている人は

 

多いのではと思い、

 

その人達に負けないためにも

 

1歳でも早く社長になっておきたかったからです。

 

 

18歳の頃は

 

「社長なんて本当になれるのかな?」

 

「社長ってすごい事だな」

 

「社長って大変だろうな」

 

「社長ってかっこいい」

 

こんな事を思っていました。

 

 

しかし、今となっては社長になるハードルは

 

当時思っていたハードルとは全く違います。

 

 

・法人を作る事

 

・社長になる事

 

・人を雇用する事

 

・100万円単位の仕入をする事

 

・セミナーで話す事

 

 

これらは当時の自分からすると

 

「すごい事」でしたが、

 

今となっては「当たり前」になっています。

 

 

当時=すごい事

現状=当たり前

 

これは目指している物がもっと

 

高見にあるからこそ思える感覚です。

 

 

もし私が現状に満足しているなら

 

「当たり前」とはならず

 

今も尚「すごい事」になっていたでしょう。

 

 

そして、その余韻にひたり、

 

収益はどんどん下がって行く事でしょう。

 

 

あなたはどうですか?

 

今の現状に満足していますか?

 

 

人の目標やゴールや成功は

 

自身で決める事なので、

 

現状に満たされているのであれば、

 

それは全く問題無く、むしろ正解でしょう。

 

 

月収30万円を安定的に稼ぐ事

 

月収50万円を安定的に稼ぐ事

 

月収100万円を安定的に稼ぐ事

 

これらは全て正解です。

 

 

あなたがそう思って人生設計をしているのであれば

 

限りなく正解に近いでしょう。

 

 

しかし、まだ目標を達成していないのであれば

 

昔「すごい事」だった事を「当たり前」と

 

思えるようにしていきましょう。

 

 

仕事に対してプロ意識を持って

 

取り組むと良いです。

 

 

自分の仕事に対して

 

「輸入ビジネスなら私に任せて下さい」

 

ぐらいの感覚や意識を持てると良いですね。

 

 

ちなみに私が目指している物は

 

企業としてしっかりと公的成功をする事です。

 

 

収益を出す事や収入を得る事はもちろんの事

 

+α社会的にたくさんの人が喜んでくれるような

 

サービスを提供したり、企業としてやっていきたいです。

 

 

もし私の目標が私的成功だったのであれば

 

法人にして外注数名と従業員一人ぐらい雇い

 

ひっそりとビジネスを進めているでしょう。

 

 

まず情報発信はしていないでしょう。

 

 

少し今日は私の個人的な話も多かったですが、

 

「当たり前」の意識を持つ事も1つ

 

自分を高めて行くポイントになるでしょう。

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*