【LEE@輸入ビジネス】

強者に勝つ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

久々にセミナーの講師を務めます。

 

うまく外注方法

外注出来る箇所とそうでない箇所

遥かに使える時間を生み出す外注方法

外注に関するリアルな生情報

外注の効率的な教育方法

従業員(外注)にリサーチを教える方法

外注するとお金が増える仕組み

 

などを具体例を上げて当日はお話します。

席に限りがあります。

 

あまり表に出ていない凄腕の講師も

当日は講義を行いますので是非以下より

内容を確認して下さい。

 

 

https://www.mail-marketing-club.jp/aff/28400/156/

 

先日こんな記事を書きました。

 

—————ここから—————–

 

迷う時間を少なくする事です。

リサーチをしていて仕入れるかどうか?と

迷っている時間が長い事があると思います。

例えば30分〜1時間かかってしまう人もいます。

私の場合は儲かりそうな商品を見つけて

単純な仕入れの場合は5分以内に決断しています。

それでは比べてみましょう。

両者が2時間のリサーチをしたと仮定しましょう。

私の場合は

2時間で4つぐらい見つかる場合でも

迷う時間が長い人は

2つぐらいしか見つからない可能性が高いです。

この差が1日で2商品

2日で4商品

20日40商品

1商品の利益が3000円だとしても120000円の差が現れます。

このように迷う時間を少なくする事が

大切という事がわかります。

迷う時間を少なくするためには

自分のルールを決めてしまう事です。

1円出品で月の落札数が3つ以上ないと仕入れない

利益率10%以上でないと仕入れない

重量が重い商品は仕入れない

などなど各自で自分の決め事を作ってしまいましょう。

—————ここまで—————–

 

上記の記事の通り、迷う時間を少なくする事が大切です。

 

ではどんな時に捨てるのかが大切になってきます。

 

大前提としてどんな商品でも参入できる可能性はあります。

 

しかし、こういう場合は参入するべきではありません。

 

超レッドオーシャン(競争が激しい場所)市場には参入しない事です。

 

特に資金力の無い場合はそうです。

 

資金のある実力者が大量に仕入れている

事が予測されるからです。

 

また実力者は仕入れ先をいち早く見つけ

その先駆者より安く仕入れる事は難しいです。

 

大きな資金を使うか、余程交渉がうまくない限り

参入する事は難しいです。

 

もちろん数点なら稼ぐ事ができますが、

継続的に稼げる商品になるかどうかは

可能性としては低いです。

 

つまり先駆者利益を得る事は継続的に

稼げるポイントになります。

 

ですから、レッドオーシャンになる前の商品が

一番おいしいのです。

 

言い方を変えると次にヒットする商品です。

 

例えばダイソン、ルンバなどなど

誰もが知っているメーカーを人より早くリサーチする事です。

 

そういったブランドやメーカーを見つけれる人は

オークファンを毎日触っている人でしょう。

 

強者と戦う事より

強者が参入していない場所を攻める事も1つの戦略です。

 

そういえば私は最初の頃、

月の落札が2件ぐらいのニッチ市場を責めていましたね。

 

ライバルが20人いるのと

ライバルが1人いるのでは

 

使うスタミナや

勝敗の確立も大きく違います。

 

もちろんレッドオーシャンで勝負できる

強者になる事が最終的には必要ですが

 

今稼ぐ事が大切な場合は

そこを避けるのも有効な手段です。

 

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*