【LEE@輸入ビジネス】

川上の情報を得る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

商品サイクルには

「導入期・成長期・成熟期・衰退期」

の4つの段階があります。

 

手前になればなる程儲かります。

 

逆に衰退期の商品になると

赤字になる可能性が非常に高いです。

 

上記の4つの言葉を常に思い浮かべて

ビジネスしているかと言うと

そうではありませんが

感覚的に意識はしています。

 

常に川上の情報を得る事は

稼ぐ要素としては必要です。

 

稼いでいる人は常に導入期と成長期の商品を

扱っているでしょう。

 

最近スカイプコンサルをした時の

話を例に上げたいと思います。

 

2011年の3月頃

1つの利益が6000円程で

私が月に10個売っていた

成長期の商品がありました。

 

スカイプコンサルしていた方は

この商品を最近オークション形式で

仕入れたようです。

 

運よくかなり安く仕入れる事ができたようで

利益は出そうですが、

継続的に儲かる商品ではありませんでした。

 

それは2011年3月は成長期でしたが

現在になっては衰退期の商品だからです。

 

2011年3月  単価 34000円

2013年2月現在 単価 27000円

もうすぐ新バージョンが販売されると言う状況です。

 

新バージョンが販売されると

相場はもっと下がる事が予測されます。

 

ではどうやって川上の情報

つまり導入期・成長期の商品情報を

探す事ができるのか?

 

以下の方法があります。

 

・川上の情報を常に持っていそうなセラーをウォッチする

・メーカーサイトやブログやニュースをチェック(RSSなどでも良い)

・メーカーのメルマガに登録しておく

・商品リサーチをより多く行い情報収集

・直接取引のセラーと関係を築き、新しい商品が出たら知らせてもらう

 

こういった方法があります。

 

一般的に川下の商品

つまり成熟期・衰退期の商品は

露出度が高くすぐに見つかります。

 

利益率が10%以下の商品は

上記のような商品が多いかと思います。

 

川上の商品を見つける事ができれば

利益率は20%以上確保できるのは

ないかと思います。

 

※利益率はあくまでも目安ですが

だいたいそのような数値です。

 

是非上記の方法を使って

川上の情報を得るようにしましょう。

 

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*