【LEE@輸入ビジネス】

契約する事は意外にハードルが低い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

契約とは思っている程難しくありません。

 

 

例えば代理店契約、運賃契約、卸契約などなど。

 

 

思っている程ハードルは高くありません。

 

 

例えば一番簡単な運賃契約などは

 

月の発送個数が10個程度でも可能です。

 

 

事実私が運送会社と契約をしたのは

 

月に20個程しか発送がない頃でした。

 

 

たった1個の発送のために電話すれば

 

集荷に来てくれます。

 

 

そして送料も安いとなると契約しない手は

 

ないでしょう。

 

 

その他の卸契約や代理店契約も

 

そこまで難しくないと思います。

 

 

もちろん成約率を上げる手法などは

 

必要でしょう。

 

 

しかし、成約率を上げる手法などが

 

無い場合でもビジネスを続けて行くと

 

自然に契約をせざる得ない

 

状況に陥る事もあります。

 

 

事実、私の場合は先方からの

 

オファーがほとんどです。

 

 

あまり契約などには力を入れていなかったのですが、

 

それでも代理店契約や卸契約している

 

業者が存在します。

 

 

もちろん先方からのオファー以外に

 

自分からオファーした事もありました。

 

 

その際もすんなりと契約を取れました。

 

何故なら誰もまだアプローチをかけていない

 

ブランドだったからです。

 

 

特に優れた手法などはありません。

 

 

契約をうまく取ってる人はみな

 

最初は当たって砕けろと言う感じで

 

交渉を始めています。

 

 

とにかく手探りでも良いので

 

海外業者、日本業者問わずどんどん

 

問い合わせる事が大切です。

 

 

いつかどこかで見た天才ナンパ師が

 

こんな事を言っていました。

 

「まずは数を当たれ!」

 

それが一番の近道だと。

 

 

ナンパとは面識ない者に対して

 

アプローチを行い交渉を行います。

 

このような意味だと思います。

 

 

代理店契約や卸契約もかなり

 

似ていますね。

 

 

相手に提案し交渉し、

 

お互いの条件が合えば契約するのです。

 

 

もちろんある程度の実積が無いと

 

相手にされませんので、

 

まずはその前に実積を作る事が先決ですが。

 

 

私が最も得たい契約は

 

独占販売契約です。

 

 

参入障壁どころか、

 

一度契約をしてしまえば、

 

独占販売の権利を奪われない限り

 

ライバルは参入できません。

 

 

いつまで経っても

 

どんな立場でも

 

チャレンジする事は忘れてはいけませんね。

 

 

独占販売契約に関しては実積が出れば

 

またシェアしますね。

 

 

 
■LEEへの質問はこちら
lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*