【LEE@輸入ビジネス】

外注費<自分の時給

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

今日は外注についてシェアしたいと思います。

 

 

外注する箇所はたくさんあります。

 

 

出品

商品登録

デザイン

広告

SEO

電話受付代行

配送

経理

その他事務

 

 

実際に私が経費として

 

 

出品3万

商登録10万

デザイン1万

PPC広告7万

SEO3万

電話代行1万

配送15万

経理1.5万

 

 

ざっと計算すると42万円程

 

外注費がかかっています。

 

 

正直現状は外注費がかかりすぎなので

 

改善して行かなければいけません。w

 

 

もちろん最初の頃は一人で全てをしていたので

 

外注経費は0円でしたが、現在ではよりクリエイティブな仕事

 

自分でしかできない仕事をするために

 

多くの外注をしています。

 

 

では上記の外注を社内で完結した場合を

考えてみましょう。

 

 

外注経費は0円になります。

 

 

しかし、上記の事を私が全てを理解して勉強して

 

社員に教える事は非常に困難です。

 

 

不可能ではありませんが膨大な時間がかかります。

 

 

現状会社のスタッフは受発注や顧客対応で

 

いっぱいいっぱいです。

 

 

ですので社外の専門分野の人に外注しています。

 

 

0から覚えるスタッフと、すでに実務が可能な外注さんに

 

依頼するのでは仕事のスピートが変わりますね。

 

 

今後の外注に関しては海外外注をより

 

積極的に行い経費削減を考えています。

 

 

現在海外求人も募集しており、

 

すでに応募が来ております。

 

 

ランニングコストをいかに安くするかが

 

ポイントですね。

 

 

先ほど外注を社内で完結する場合は

 

膨大な時間が必要だと言いました。

 

 

しかしそれと同じように

 

外注への教育も大変です。

 

 

外注先はもちろん知識がある経験者に

 

仕事を振るので

 

そのへんの教育はほぼ必要ありません。

 

 

しかし自分が外注したい仕事が

 

過去に例になく、自分自身が教育しなければ

 

いけない場合は外注への教育も大変です。

 

 

その場合は社内スタッフに教育するよりも

 

時間と労力がかかります。

 

 

やはり隣にいるスタッフと

 

隣にいない外注では

 

伝達スピードや細かい箇所までの教育が

 

ぜんぜん異なります。

 

 

外注を検討している人にとってベストな

 

考え方は外注する事によって空いた時間の

 

自分の時給計算をする事です。

 

 

外注費<自分の時給 の場合は外注するべき仕事です。

 

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*