【LEE@輸入ビジネス】

外注の採用基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

今月おすすめツールとしてご紹介してきた

 

“オークファンより落札情報を早く知る事ができるツール”が

 

5月31日にサービス提供を締切る事となりました。

 

 

オークションの収益UPならこちらのツールがオススメです。

 

使い方によってはAmazonでのリサーチにも役立ちます。

 

 

本日明日で募集は閉め切りですので、

 

最後の機会にチェックしてみて下さい。

 

https://www.viral-manager.com/aff/81834/1234/

 

 

 

本日は外注の採用基準について

 

シェアしたいと思います。

 

 

と言うのも最近当社のスタッフ3名に

 

外注の採用や教育までしてもらっておりましたが、

 

採用基準に関しての質問が絶えないからです。

 

 

私はスカイプ面談レベルで言うと

 

約50名程、外注の採用に関しては20名〜30名程

 

雇用は8名程 行ってきました。

 

 

全てのポイントをお伝えするのは難しいので

 

「特に注意している事」に関してお伝えします。

 

 

・経験の有無

 

・スキル

 

・1日の作業時間の確認

 

・以前の仕事の状況

 

・コミュニケーション能力

 

・報酬や納期の認識を合わせる

 

 

これらに関して面談を行っています。

 

 

・経験の有無

 

まずは経験の有無に関してですが

 

ここに関しては初心者を採用する必要はありません。

 

 

何故なら外注する理由は

 

人に仕事を任して時間的余裕の確保

 

または、よりクリエイティブな仕事をするためです。

 

 

初心者の場合はこちらが逆に忙しくなってしまい、

 

本来の外注する理由から大きく外れる事があるためです。

 

 

・スキル

 

応募内容のスキルと実際のスキルが

 

大きく開きがある場合があります。

 

 

採用されたいためにオーバートークに

 

なる方も中にはいいるので、

 

ここに関しては面談時に詳細を確認した上で

 

テスト作業をして頂きます。

 

そうする事によりだいたいのスキルを

 

把握する事ができます。

 

 

・1日の作業時間の確認

 

主婦なのか、会社員なのか、パートなのか、

 

などを聞いた上、

 

依頼する仕事に当てれる時間を問いましょう。

 

ここに関してもオーバートークで話をする方も

 

中にはいるので、現在の職業の実務時間や

 

生活に必要な時間(家事やその他活動)など、

 

依頼する仕事以外に当てる時間を把握し

 

逆算して本当に仕事に時間を当てれるか聞いてみましょう。

 

 

・以前の仕事の状況

 

経験者であれば以前にも会社員として仕事をしていたか、

 

外注として仕事を受けていた事が予測されます。

 

「何故その仕事を辞めたのか?」を聞きましょう。

 

やむ終えない理由(例えば産休とか結婚したなど)なら

 

良いですが、気になる理由であれば少し突っ込んで聞いても

 

良いでしょう。

 

 

と言うのも途中で仕事を投げ出す事や

 

急に連絡が取れなくなる事が一番のリスクだからです。

 

 

こちらが採用活動に時間をかけ、

 

やっと仕事を任せれると思ったのにも関わらず

 

仕事を完了してくれないのはスケジュールが狂います。

 

 

ですので、前職の退職理由は採用では

 

大切なポイントとなります。

 

 

また、ここでの会話は採用した場合の

 

退職のアラートになる情報でもあります。

 

 

例えば「仕事をもらっていた先が急に連絡が取れなくなった」

 

「報酬を支払ってくれなかった」などなど。

 

 

こういう場合は採用したとしても

 

(また同じ事が起きないか)と心配されるので

 

連絡を迅速に返してあげたり、

 

当たり前ですが報酬をきっちり払う事により

 

不安は解消され継続的に仕事を受けてくれます。

 

初回だけ先に報酬を支払っておき

 

信頼関係を築くと言う方法もあります。

 

 

・コミュニケーション能力

 

中には苦手な方もいます。

 

苦手な方でもすごくスキルが高い方もいます。

 

しかし、コミュニケーションがうまくない場合は

 

何かと指示等で連携が取り辛かったりします。

 

感覚的な話になりますが、

 

できるだけ息の合う方を採用しましょう。

 

 

・報酬や納期の認識を合わせる

 

ここも非常に大切なポイントです。

 

一番簡単に認識を合わせる方法は

 

応募内容を読み上げ、

 

「大丈夫ですか?」

 

「何か質問はありますか?」

 

と問いましょう。

 

 

全てを読み上げなくても

 

報酬と納期は最低限

 

認識ズレが無いかチェックしましょう。

 

 

これらの事を主には面談で

 

気を付けて話し、

 

採用or不採用を決定しています。

 

 

継続的に仕事を任して行くと

 

ストレス無くスムーズに仕事が進むようになります。

 

 

指示が無くてもこちらの要望を

 

理解して自ら作業してくれたり

 

逆に気付いた事に関して提案を

 

してくれるようにもなったりします。

 

 

外注も雇用も継続的に

 

続けてもらうとよりビジネスが加速したり

 

効率が上がって行くので長い付き合いが

 

できるパートナーを選ぶ事が重要です。

 

 

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*