【LEE@輸入ビジネス】

749号「外注する時の明確な判断基準」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
488643147-320x202
こんにちは。

LEEです。



何度かご紹介している

AmazonのFBA納品サービス

F-REVOですが

内容がリニューアルされて

少しの人数だけ再募集をしています。



以前と変わった内容は以下です。



・納品依頼がよりスムーズにシステムを導入

・F-REVOでの在庫保管が対応可能になります。

・在庫保管可に伴い、FBA納品だけではなく自己(自社)発送もサポート可能

・中古商品の取扱いが対応可能

・amazon.comへのFBA納品代行(amazon輸出)が対応可能

・現在募集停止中の転送サービス「マッドビースト」への特別入会枠あり


などなど月額はそのままの980円で

より使いやすく、

サービスが充実しています。



受け入れ体制にも限りがありますので

申込ボタンが無くなれば

募集は終了となります。



副業で時間が限られている人

保管スペースがない人

専業で自動化を目指している人

外注をうまく活用して更に稼ぎたい人

更に高いステージへ進みたい人



などなど外注を活用したい方は

年に何度かしか無い募集なので

是非活用してみる事をオススメします。



今なら7日間の無料期間中です。

[link]https://www.viral-manager.com/aff/77919/2446/



こういう外注って

本当に試してみたいと解らない事が多いですね。



上記のF-REVOさんは

かなり評判は良いのでご安心を。



私も様々な外注サービスを活用してきました。


内容的に合わないものや

逆に仕事が増えたなど...

そんな事もやはりあります。


外注する意味は考えるべきで

何となく外注するのは

不正解だと思います。


外注をする場合は

明確な判断基準が必ず必要です。


「自分の時給より外注費が

下回っている事。」


自分の時給が1000円だとして

外注せずに1時間作業する場合と

その時間を1000円以下で外注出来る場合であれば

後者を選ぶべきです。


逆に自分の時給よりも

外注費が高くなってしまう場合、

この場合に外注するには

1つ条件が必要です。


外注して儲かっているか?

と言うところです。


自分の時給よりも高いですが、

その作業時間に使いたくない場合は

事業自体が儲かっている必要があります。


楽をしようとしすぎたり

その作業が嫌になったりして、

事業はしているが儲かっていない。



これでは意味がありませんので。


最初から外注している人は

比較対象が無いので難しいですが、

逆に自社でやっていた事を外注して

何倍も時間が出来た!

と言う例は少なくないと思います。



逆に外注から自社に再度

切り替えて運営してみる、

と言う事も選択肢の1つかなと思います。



昔は何でも自分でやろうとして

500円で外注出来るのに

4時間かけて自分で作業してたり

していた時期もありました。



時給125円です。



今は不得意な事は得意な人や

外注に任せるようにして

仕事のスピード感は以前より

何十倍も上がってきています。



例えばECサイトを1つ作り

OPENさせるまで

一番最初は1ヶ月以上を要していました。



徹夜の日とかはざらにありました。



今は外注さんが多数在籍しているので

サイトは1週間あれば

商品登録からデザインまでが

さくっと出来ます。



何が言いたいかと言うと

自分がやりたい事を

スピード感をあげてやるには

外注は必須と言う事ですね。



コツコツと

優良な外注会社や個人の外注さんを

抱えていると

いざと言う時に

本当に力になりますので、

少しずつでも良いので

予算がある事業者は

外注を確保していく事も

重要かなと思います。



ただし、

外注する時は

自分の時給と外注費の兼ね合いを

しっかりと計算する事が大切です。


■■LEE日刊メルマガ登録■■
- 期間限定で儲かる商品リストや音声プレゼント中 -
→ http://cooak.jp/fr/lee3/bxhzpF
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*