【LEE@輸入ビジネス】

型番の無い商品を売る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

今日は日曜日ですね、

 

副業の人は一番時間が取れる時間ですね。

 

 

今日も一日頑張って行きましょう!

 

 

私も今日も普通に仕事しています。

 

 

すごく急いで6時間

 

ゆっくりやれば8時間

 

ぐらいのタスクはあります。

 

 

余談はさておき今日は

 

少しだけいつもと角度が違った

 

話をしたいと思います。

 

 

先日コンサル生と食事に行ったのですが、

 

何と3時間半も食事していました(笑)

 

 

また話は逸れましたが

 

コンサル生との話の中で

 

シェアしたい内容があったので

 

お伝えしたいと思います。

 

 

「型番の無い商品を売る力」

 

がすごく重要と言う話です。

 

 

現状特に新品商品で

 

アメリカやヨーロッパからの輸入商品は

 

ほぼ型番が付いていますね。

 

 

中国商品やその他アジア商品

 

マニアックな商品には型番が付いていない

 

場合もあります。

 

 

また中古市場もそうですね。

 

 

一般人からするとよく解らない

 

商品が高値で売られていたりしますね。

 

 

そういった商品を売る力、

 

「付加価値」「販売力」を

 

持っているかどうかは非常に重要です。

 

 

そして、型番の有無によっても

 

売り方や販路も異なってきます。

 

 

一番簡単なのは型番のある商品を

 

サイトから仕入れて

 

サイトで売ると言う方法で

 

今までも初心者の方には奨めてきました。

 

 

しかし、中級者以上の方は

 

是非型番の無い商品を売れる力が

 

自分にあるかどうか考えてほしいです。

 

 

あなたはどういう風に売りますか?

 

 

特にAmazonのみで販売している場合は

 

少しそこが弱かったりします。

 

 

ネットショップやヤフオク実践者は

 

ある程度の販売力を持っている場合が多いでしょう。

 

 

人間なのでやはり心理に訴えかける

 

「商品説明」や「写真の使用」、

 

「体感的価値」を感じさせる

 

なども重要になってきます。

 

 

お客さんのニーズは

 

その商品自体にあるわけではありません。

 

 

その商品を受け取った時に

 

得れる「体感的価値」や「解決する悩み」

 

がニーズです。

 

 

例えばラーメンが食べたい人は

 

ラーメンが欲しいわけではありません。

 

 

ラーメンを食べる事により

 

現状の空腹と言う悩みを満たしてくれるので

 

ラーメンを食べます。

 

 

この場合は空腹がニーズなので

 

別に寿司でも弁当でも良いのです。

 

 

その空腹と言うニーズを解決するサービスとして

 

色々な飲食店があり、それぞれ広告を打ったり

 

チラシを巻いたりして集客しています。

 

 

「誰に何をどのように売るか」

 

これを知っているか知らないかで

 

物販のスキルや成長スピードも

 

変わってくるでしょう。

 

 

誰に:空腹の人

 

何を:ラーメン

 

どのように:???

 

 

ここの「どのように」が

 

販売力につながります。

 

 

つまり型番が無い商品を売れる人は

 

その本当のニーズに気付いていると言う事です。

 

 

ですので、もしドキっとした方は

 

一度本当のお客さんのニーズを

 

考えてみる事をおすすめします。

 

 

きっとまた一歩先へ進めるでしょう。

 

 

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*