【LEE@輸入ビジネス】

商品の出口を常に考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

商品リサーチのスキルを上げるなら

 

投資0円、1年で独学で習得するより

 

投資10万円、1日でプロに習う方が早いと

 

共感できる方はこのセミナーがオススメです。

 

好評のため追加募集しています。

 

https://www.viral-manager.com/aff/124494/1509/

 

 

「商品の出口を常に考える」

 

と言う話をしたいと思います。

 

 

今回は「Amazonの価格競争が起きた時」を

 

例に上げたいと思います。

 

 

すごくシンプルに考えると

 

「ライバルの在庫」がいくつか

 

がポイントになります。

 

 

ここで言う「ライバルの在庫」とは

 

自分以外で売れる可能性のある在庫と

 

言う意味です。

 

 

カートボックス獲得する可能性のある

 

出品者の在庫数の合計を把握しましょう。

 

 

・ライバル在庫数が1個の場合の対処法

 

・ライバル在庫数がそれ以上ある場合の対処法

 

 

どういう対処法があると思いますか?

 

 

現状たくさんのメールを頂く中で

 

悩んでいる人も多いです。

 

 

答えはどちらも同じ答えで、

 

非常にシンプルです。

 

 

ヤフオクとの併用販売です。

 

 

※しかし、ただそれだけでは売れにくいです。

 

 

ヤフオクで販売する選択肢を

 

持っているのと持っていないのでは

 

全くビジネスの強さは変わります。

 

 

そういう意味では

 

Amazon実践者はヤフオクで売るスキルを

 

つける事をオススメします。

 

 

ここで注意点があります。

 

 

ただヤフオクに出品するだけでは無く、

 

「ヤフオクで売る」事をゴールに設定しましょう。

 

 

ヤフオク出身者の方が

 

在庫をさばくスキルが高いです。

 

 

ヤフオク出身者がAmazonに参入

 

Amazon出身者がヤフオクに参入

 

この2者の場合、前者の方が

 

在庫をさばくスピードは早いです。

 

 

なので価格競争が起きた時の

 

対処法はヤフオクに出品するのでは無く

 

「ヤフオクで売る」事にフォーカスしましょう。

 

 

少し販売力が必要になりますね。

 

 

ではどうすれば「ヤフオクで売る」

 

事ができるでしょうか?

 

 

複雑なパターンがありますが、

 

代表的なパターンの例を上げてみます。

 

 

・ヤフオクで自分だけが出品している場合

 

→常識範囲内の価格設定

 

※特にAmazon価格と揃える必要は無い

 

 

・ライバルがたくさんいる場合

 

→できれば最安値で即決出品

 

→最低価格が最安値、即決価格が自分の希望の価格に設定

 

 

・在庫をどうしても売りたい場合

 

→上記2つのパターンで出品をしてるが

 

売れなく、キャッシュフローも悪い場合は

 

1円出品しましょう。

 

※即決出品の段階でウォッチリストが10を

 

超えているとだいたい入札者が2人以上現れ

 

相場の前後はしますが価格は付きます。

 

 

このようにAmazonで価格競争が起きた時は

 

ヤフオクで販売する力を付けましょう。

 

 

その商品の出口をしっかりと計算して

 

仕入れるようにしましょう。

 

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*