【LEE@輸入ビジネス】

参入障壁を作りましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は川下さんのセミナーに遊びにきました。

 

とても内容が濃いセミナーでした。

 

 

細かい内容シェアできませんが、

 

一番学んだ事は参入障壁です。

 

 

以前の私と川下さんの音声を聞いて頂いた方は

 

わかると思いますが、

 

人と同じ事はしないと言う事です。

 

 

人ができない方法とはどんな方法があるか?

 

 

例えば以下です。

 

 

・人が扱っていない商品を扱い差別化

・直接取引等の独自の仕入れ先があり、安く仕入れる

・独占販売契約をして自分だけが販売する

・メーカーと卸契約して安く仕入れる

・オリジナル商品を作って売る

 

 

などなど。

 

 

難易度はそれぞれ違いますが

上記以外でもたくさん手段はあるでしょう。

 

 

参入障壁を作ると言う事は

守りのところになります。

 

 

自分のビジネスを真似されないように障壁を作り

自分のジビネスを守るのです。

 

 

実際に私は直接取引がほとんどでオークファンや

リサーチツールにデータが残らないようにしたり

 

 

国内業者と契約して独占販売したり

 

 

ギフトショーなどに行き、国内の仕入れ先を

探したりしています。

 

 

私は従業員がいるのである程度の時間的余裕が

 

ありますが、そうでない人も多いですね。

 

 

副業で時間が無い場合や

 

資金力が少ない場合に

 

簡単にできる方法は以下だと思います。

 

 

・直接取引等の独自の仕入れ先があり、安く仕入れる

 

 

これです。

 

 

1つ今日は簡単にできる仕入れ先の囲い込み方法を

シェアしたいと思います。

 

 

その独自の仕入れ先のセラーに質問をしてみましょう。

 

 

「日本人で一番多く買っている人はいくつ買っていますか?」と。

 

 

これを聞く事によって

 

その商品を一番多く仕入れている

 

ライバルの在庫数を知る事ができます。

 

 

そのライバルより多く買う事ができれば

 

そのライバルの参入障壁を崩すと同時に

 

自分の参入障壁を作る事ができます。

 

 

資金力があるライバルに勝つ事は難しいですが

 

安くて量を多く仕入れれる商品などでは有効でしょう。

 

 

是非一度取り組んでみましょう。

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*