【LEE@輸入ビジネス】

具体的な分析方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

ビジネスにおいて分析する事は大切です。

 

例えば以下の数字を比較してみましょう。

 

実際に私のパートナーが運営している

ショップの数字です。

 

アクセス数 : 637

アクセス人数 : 226

売上件数 : 0

売上個数 : 0

売上金額 : 0

 

アクセス数 : 7,422

アクセス人数 : 982

売上件数 : 7

売上個数 : 13

売上金額 : 254,050

 

前者と後者では数字がぜんぜん違います。

 

一番見なければいけない数字は

購買率です。

 

前者:0%

後者:0.7%

 

普通に考えて226人がサイトに訪れて

売上げが立たないのは少し問題です。

 

実店舗で上記の数字なら非常に問題ですねw

 

そもそも興味のある対象者に

アプローチできていないと仮定しても

悪すぎる数値です。

 

「何故226人も訪れて購入者が0なのか?」

をまず分析します。

 

そこから派生していきます。

 

「後者は1ユニークに対して

平均観覧ページがおおよそ7.55ページ」です。

(7,422/982)

 

そこまで悪くは無いです。

 

10ページぐらいあれば優秀ですね。

 

しかし前者は1ユニークに対して

平均観覧ページがおおよそ2.8ページです。

(637/226)

 

後者に比べると多くの人がページを観覧せずに

サイトから立ち去ってしまっています。

 

これはおそらく直帰率が高いためです。

 

直帰率を調べるにはGoogle Analyticsを使えば

数字を調べる事ができます。

 

上記はネットショップの例ですが、

他媒体でも一定の数値は解析する事はできます。

 

ヤフオクはアクセス数とウォッチ数、

Amazonでは大口出品者の場合は

商品ランキングに加え、

ページビューやカートボックス獲得率なども

取得する事ができます。

 

シンプルに考えれば悪い所を修正し

良くして行く事でビジネスは成長していきます。

 

分析力を鍛えれば問題解決ができ、

問題解決できれば対策する事ができ、

対策ができれば売上げを上げる事ができます。

 

ですので、分析する力を付ける事も大切です。

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*