【LEE@輸入ビジネス】

他媒体にチャレンジしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

スキルアップする時

 

2通りの方法があります。

1つは短所を改善する方法

 

もう1つは長所を伸ばす方法

どちらもすれば良いですが

 

どちらかと言うと後者の方が成長が早いです。

結果を出している人は

 

各々異なる方法で結果を出しています。

例えばamazonだけで販売

 

ヤフオクだけで販売

 

楽天だけで販売

 

バイマだけで販売

 

ネットショップだけで販売

 

上記の2媒体にて販売

 

上記の3媒体にて販売

 

輸入元ももちろん違いますね。

 

国内転売、国内仕入れにより

 

結果を出している人もいます。

私はヤフオク、Amazon、ネットショップを

 

しています。

私の場合も長所を伸ばしてきました。

私の長所はコツを掴むのが早く

 

媒体の売り方を人より早く認知する能力がありました。

 

また人より努力もします。

自分の長所はこれぐらい言えても良いと思います。

 

あなたはどうですか?

今の自分の長所を伸ばすには

 

自分の長所を知る必要があります。

そしてその長所を知り、

 

伸ばして行く事が大切です。

今から述べる事は非常に簡単で

 

結果が出やすいので是非やってほしいのですが、

 

一度全ての媒体にチャレンジする事です。

 

ただし月収が10万円以上の方や

 

ある程度の結果が出ている方が対象です。

10万以下の場合は1媒体のみの

 

販売で問題ないでしょう。

 

何故なら力が分散されるためです。

しかし将来性を考えると1媒体だけでは

 

少しもったいないと私は思います。

私が一番衝撃を受けたのは

 

ヤフオク→Amazonに参入した時、

 

相場が高い事と取引が効率的だった事。

ヤフオク→Amazon→ネットショップに参入した時

 

高利益率と自由度が高い事が、

 

一番の驚きでした。

感覚値ですが1商品で1月に一番高い

 

売り上げを出せる媒体は

 

Amazonかネットショップだと思います。

 

※この場合のネットショップではPPC広告を出している事が

 

条件となります。

昨日の記事にも記載しましたが、

 

私は個人で参入できるほとんどの媒体に一度参入しています。

その中よりヤフオクとAmazonとネットショップを

 

選び現在は販売先を上記の3つにしています。

例えば良い仕入れ先があり

 

良い商品を取り扱えるのに

 

1媒体だけでの販売では機会損失している場合があります。

例えばヤフオクのみで販売していると仮定して

 

楽天やAmazonではヤフオクより高い相場で

 

売られている事も多々あります。

もちろんヤフオクに比べ

 

Amazonや楽天は手数料が高いですが

 

手数料を差し引いても残る利益が多いです。

ヤフオク、Amazon、ネットショップは

 

一番取りかかりやすく、

 

教材もたくさん販売されており、

 

情報発信者によるセミナーやメルマガ、

 

ブログなどもありますので、

 

この3媒体は是非チャレンジして欲しいです。

実例として私が扱っている商品で

 

ヤフオクで2万円が相場ですが、

 

Amazonや楽天で3万8000円の相場で

 

売れ続けているが商品があります。

このような商品はいくつも有り、

 

過去にヤフオクで23万円の相場の商品が

 

Amazonで35万円で売れた事もあります。

最近に至っては国内転売でも

 

かなり利益が出る商品もある事が解ってきました。

こういう風に媒体を広げる事で

 

新たな気付きやアイデアが浮かぶ事があります。

チャレンジして行くと

 

それぞれの媒体の良さや、

 

自分の強みがどこにあるのか?

 

または苦手な短所がどこなのか?

 

など、今ままで気付かなかった気付きがあり

 

媒体ごとで作業が異なりますので、

 

非効率だった作業を発見でき、

 

業務改善にもつながるでしょう。

そして自分の長所と短所もより解りやすく

 

表れるでしょう。

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*