【LEE@輸入ビジネス】

人に仕事を任す際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

LEEです。

物販を人に任せる事について

 

何度もメルマガで記載してきました。

しかし、1つだけ注意点があるので

 

本日はその部分をお伝えしたいと思います。

「人に任せる」事は結構大変です。

自分が思ってくれるように動いてくれなかったり、

 

モチベーションの管理や

 

働き易い環境を作ってあげたり。

正直スタッフがどう感じているかは

 

解りませんが(笑)、

 

それなりにモチベーションを上げたり、

 

働き易い環境を作ったりはしています。

(メルマガを読んでるくれているスタッフ、

 

もし相違があれば言って下さい。。。涙)

特に問題が発生した時に

 

自分が率先して問題解決をする事と

 

自分がいない場合は解決の糸口を

 

見つける事には気をつけています。

経営者とは業績が悪くても良くても、

 

全ての責任を追う必要があります。

いわいる「責任感」です。

もちろん自分の会社ですし、

 

自分の収入にもなるわけですから、

 

責任がある事は当然です。

しかし、こういう「責任感」は

 

私だけが持っていてはいけません。

スタッフや外注さんにも同じ事が言えます。

この責任感を強く持っているスタッフは

 

本当に素晴らしい働きをしてくれます。

ではどうやって責任感を持ってもらうか?

非常にシンプルですが、

 

責任ある仕事を任せる事です。

自分がした方が結果が残る仕事や、

 

任す事が不安になる仕事がありますが、

 

ここを気にせずにどんどん任せて行く事です。

昔は「この仕事任せるかな?

いやー不安だ。自分でやろう。」

このように考えていましたが、

 

今は経験値も上がり、

 

どんどん責任のある仕事を任していっています。

そうする事によりスタッフも

 

責任感が出てきて、

 

「これは重要な仕事だ!」と思い、

 

仕事に取り組んでくれています。

逆に任しすぎないもの良くないです。

基本的に仕事の効率や慣れは

 

人間上がっていくものですが、

 

毎日毎日同じ仕事をしていると

 

成長も無ければ、

 

新しい発見も無ければ、

 

もちろん経験もついてきません。

このメルマガの読者さんは圧倒的に

 

副業の方が多いですが、

 

外注する場合もどんどん仕事を

 

任す方向で考えてみて下さい。

商品登録だけでは無く出品をしてもらう

 

出品が終われば再出品をしてもらう

 

受注後の取引連絡をしてもらう

 

発送指示、評価を付ける、

 

などなど

任す事により生じる「責任感」は

 

パートナーには必要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*