【LEE@輸入ビジネス】

中国輸入と欧米輸入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

昨日は中国輸入について少しお伝えしました。

 

昨日のメルマガ配信後、

欧米輸入と中国輸入はどちらが良いか?

と言う質問を何名かに頂きました。

 

何をもって比較するかにもよりますので、

一長一短ですが、大きな違いがあります。

 

それは品質です。

 

基本的に欧米輸入の場合はメーカー商品や

ブランド商品が多いので、

不良率はかなり低いですね。

 

10%以内でしょう。

 

それはメーカー側が製造段階で

品質管理をしっかりしているからです。

 

サイズがズレていないか0.01ミリ単位で計測したり

動作確認したり、長期的に使用できるかのチェックをしたり、

品質を保つために色々チェックをしています。

 

しかし中国輸入の場合は不良率は10%では

済みません。

 

特にOEMの場合はひどい時は

不良率が70%前後の時もあるようです。

 

一般的な中国で作られている既製品は

もっと不良率は低いです。

 

それは製造側と受け取り側で

擦り合わせを行い、

不良率を下げていってるからです。

 

しかしそれでも欧米輸入に比べると

不良率は高いです。

 

ここが大きく違うのです。

 

検品作業、不良による返品、不良によるトラブルが

中国輸入の場合は少し大変ですね。

 

そういう面では欧米輸入は利益率こそ

中国輸入に比べると低いですが、

検品作業、不良による返品、不良によるトラブルなどが

起こりにくいです。

 

つまり欧米輸入は中国輸入に比べると

かなりスムーズに販売を進める事ができます。

 

中国輸入を否定するつもりもありませんし、

今年は私も中国輸入にも参入する予定です。

 

ただし、上記のように不良率が高い事や

検品作業が多い事、

不良による対応などに手間がかかる事は事実です。

 

ですので欧米輸入を実践している人は

利益率こそ中国輸入より低いものの、

手間がかかっていない分、

回転率をどんどん上げるべきかなと思います。

 

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*