【LEE@輸入ビジネス】

不良在庫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

輸入ビジネスでは商品を在庫して販売しているケースがほとんどです。

(無在庫販売ももちろん可能)

 
物販業種で会社が倒産するケースは

資金がショートするか不良在庫による場合がほとんどです。

 

つまり在庫をかかえる事は重要ですが

在庫を早く回転させる事も重要です。

 

在庫している商品をヤフオク、アマゾンに出品します。

その後、ライバルの数、販売価格、

 

ヤフオクであればアクセス数やウォッチリスト、

アマゾンであればショッピングカートを獲得しているか、

 

などを監視し売れない理由を探します。

ここの監視をしっかりやる事が重要です。

 

私は即決のみで30万円と達成した時にやっていた事

それは常に出品状況を監視をしていました。

 

おそらく誰よりもヤフオクの画面を見ていたと思います。w

私が見るポイントを説明しますね。

 

■ヤフオク

最安値になっているか(即決の場合)

ウォッチリストとアクセス数
※ウォッチリストとアクセス数が著しく低い場合は

商品需要がないのか、もしくは出品情報が誤っている可能性があります。

 

■アマゾン

ショッピングカートが獲得しているかチェック

 

ただこれだけです。

出品している商品の現状を把握しましょう。

これをする事により売れない理由を消す事ができます。

 

リサーチと仕入れは大切ですが

入金されないと意味がありませんので

売れない理由を探し、売れるようにする事が大切です。

 

 

初歩的なところかも知れませんが

在庫をお金に変える事がゴールなので

ここの意識をよりすると良いでしょう。

 

 

そして不良在庫の考え方ですが

例えば20000円の仕入れ

販売価格30000円の商品があると仮定します。
この商品が売れた場合は+30000円の売上げ

10000円の利益です。

この商品が売れない場合は+−0円

ではありません。
この商品が売れない場合は-20000円です。

つまり売れた時と比べると50000円の差があります。

売れない場合は50000円入金がされないと言う事になります。

 

不良在庫は赤字よりたちが悪いのです。

 

赤字の場合は0+売上げ-仕入額のみの損失ですが

不良在庫の場合は0−売上げ-仕入額の損失です。

 

不良在庫を売る事(売れない理由を探す)

ここも輸入ビジネスにおいて大切です。

 

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*