【LEE@輸入ビジネス】

リサーチを人に任す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リサーチを人にしてもらう事に関してシェアします。

 

 

私はヤフオク以外で無在庫販売をしています。

 

 

通常はリサーチ→仕入れ→受注が一般的ですが、

 

無在庫販売とは受注→リサーチ→仕入れとなります。

 

 

現在、無在庫販売においては

 

スタッフに一任しています。

 

 

リサーチを人に任せる事は一番難しいところですが

 

しっかり教育すれば任せる事が可能です。

 

 

外注と従業員ならもちろん従業員の方が

 

教育しやすくパフォーマンスも高いでしょう。

 

 

以前にもお伝えしましたが

 

最近になってはスタッフが探して仕入れ先が無い商品を

 

私が探しても出てこない事が多いです。

 

 

つまり私が今までしていたリサーチを学び

 

スタッフは実践し私と近いスキルで仕事をしています。

 

 

この理論から考えるとヤフオクやAmazonの

 

通常の在庫販売においてもリサーチを任せる事ができます。

 

 

すでに任せているスタッフもいるのですが

 

まだ経験が浅いためスキルの伸びしろはあるものの

 

そのスタッフも何れ私にかなり近いチサーチ能力を

 

得る事ができるでしょう。

 

 

しかし、リサーチができない人が

 

リサーチを人に任せる事は難しいです。

 

 

感覚値ですがスキルが100ある人が教育すると

 

80ぐらいまで育ちます。

 

より教育を強化していくと100に近いスキルを得る事でしょう。

 

 

スキルが50ある人が教育すると

 

40ぐらいまで育ちます。

 

 

スキルが50ある人が教育して

 

80にする事はおそらく難しいです。

 

 

飲食業の経営者の社長が

 

新たに畑違いの物販事業を始めると仮定します。

 

 

物販の一事業部の責任者を設け

 

その責任者をセミナーに行かせたり

 

誰かのコンサルを受けさせたりして

 

リサーチを学ばせる人もいます。

 

 

しかしおそらく余程の実力者でない限り

 

その従業員はスキルを100まで増やす事はできません。

 

 

つまり経営者やトップの人がスキルを持っている事が

 

一番大切なのです。

 

 

物販も現役プレイヤーと過去に結果を残したプレイヤーで

 

大きく別れると思います。

 

 

経営者になるとリサーチをしなくなると思いがちですが

 

私はたまにリアルな物販状況を知るために

 

わざと実務にも入っています。

 

 

しかし、実務に入れば入る程

 

過去と今は大きくは変わらないと感じています。

 

 

細かい利益率や相場などは大きく変動するも

 

根本である安く買って高く売ると言う事に関しては

 

何も変わっていないのです。

 

 

つまり一度100を知った人間は今後も

 

100を知る事になります。

 

 

つまり物販業で社長になった人は

 

現役プレイヤーで無くてもスタッフを100にする事が可能です。

 

 

一度駆け足で物販を進めていけば

 

現役プレイヤーで無くても物販のスキルは

 

変わらないと思います。

 

 

ですので外注化や雇用は非常に重要かと思います。

 

 

アウトプットする事で自分自信を知る事も1つ大切です。

 

外注化や雇用は人を教育するため

 

今なんとなく自分が実践している事を

 

解りやすい言葉や数字に置き換えて

 

教育する必要があります。

 

 

そういう意味でも人に任すと言う事は

 

今後あなたの物販ビジネスを大きく変えると思います。

 

 

100の能力がある人が教育すれば80まで育ち

50の能力がある人が教育すれば40まで育ちます。

 

 

しかし一度100を知った人間は

 

現役プレイヤーで無くても

 

スタッフに動いてもらい大きな利益を出す事が可能です。

 

 

そういった意味でも自分自身のスキルを100にする事と

 

外注化、雇用はミニマムで必要な事です。

 

 

今後の物販において

 

今後あなたに必ず必要な大切な事を話します。

 

 

https://www.mail-marketing-club.jp/aff/28400/156/

 

 

■LEEへの質問はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*