【LEE@輸入ビジネス】

リサーチしなくても儲かる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

 

昨日は国内仕入れに詳しい方と食事に

 

行っていました。

 

 

色々興味のある話も聞けたので

 

シェアしたいと思います。

 

 

まず輸入でのプラットフォームでの販売では

 

現状利益率10%~20%だと言う方が多いですね。

 

 

私は利益率が20%~30%です。

 

 

まず国内仕入れでも利益率は30%を

 

確保できるそうです。

 

 

 

単純に問屋から仕入れており

 

ヤフオクにて販売しているそうです。

 

 

私も代理店契約している仕入れに関しては

 

国内仕入れでも20~30%を確保しています。

 

 

昨日もお伝えしましたが今年は

 

国内仕入れも強化する予定です。

 

 

昨日の話の中で一番の驚いた事は

 

リサーチは一切していないそうです。

 

 

私達はリサーチをしないと仕入れれないですね。

 

しかし彼はリサーチはしていないそうです。

 

逆にリサーチした方が手間がかかるそうです。

 

 

転売ビジネス暦が6年目だそうで

 

売れる商品が解ると言う事でした。

 

これは長年続けてきた人の中にある

 

独自の知識があってこそできる技です。

 

 

そういった方法を知りたい方はこちら。

 

勉強になりますので是非ご覧下さいね。

 

無料です。

 

http://123direct.info/tracking/af/834417/pLMFPb9Z/

 

 

 

利益の割合を聞くと毎年ヤフオクからの

 

リピーター(法人)がいて

 

小売りだけでは無く

 

ある程度のまとめての個数での

 

販売の割合も高いそうです

 

 

対個人では景気がもろに左右されますが

 

対法人だと必要な物は毎年買ってくれると言う理論でした。

 

 

確かにこれに関しては納得です。

 

 

そして受注を受けての仕入れなので

 

利益は仕入れ段階でほぼ確定していますね。

 

私達で言う無在庫販売、受発注ですね。

 

 

ではどうやって売れる商品を見つけているか?

 

と聞くと「市場を作ってる」との事でした。

 

 

これはどういう事かと言うと

 

最初は少しだけ仕入れてテスト販売を行い、

 

売れ行きを見て追加仕入れか

 

撤退を決めているそうです。

 

 

そして今まで仕入れた商品で

 

赤字になった商品は無いとの事でした。

 

 

輸入商品に関しては赤字は一定の割合で発生します。

 

 

事実私も1円出品を行えば1割程は赤字です。

 

 

では何故国内仕入れにおいては赤字が

 

出ないのか考えてみました。

 

 

答えは明確で海外で新しいラインナップは

 

決まった月日に代理店に輸入されます。

 

 

そしてその代理店より卸を受けた

 

問屋や二次問屋が私達のような

 

小さな事業主に卸します。

 

 

ですのである一定の需要を見込める

 

商品を国内仕入れでは仕入れる事が可能です。

 

正しい時期に正しい商品を自動的に仕入れる事が

 

できるわけです。

 

 

もちろん代理店やメーカーはそれなりに

 

リサーチをしていますので

 

私達がリサーチするよりも正しい判断をして

 

仕入れています。

 

 

そう考えると輸入商品において赤字が発生する理由は

 

簡単ですね。

 

 

「需要を見込めていない」と言う事です。

 

 

単純に考えてみましょう。

 

 

リサーチを行っている私達が赤字を出して

 

リサーチを行っていない国内仕入れ業者は

 

赤字を出した事がない。

 

 

この真相は完全に「商品」でしかありません。

 

 

需要のある商品を仕入れているか

 

仕入れていないかの差でしょう。

 

 

ではどうやって国内より

 

仕入れる事ができるのか?

 

 

こちらでもかなり有益な情報があります。

 

http://123direct.info/tracking/af/834417/pLMFPb9Z/

 

 

 

これに関しては長くなるので

 

明日シェアしますね。

 

 

それでは明日また連絡します。

 

 

 

 

 

 

■LEEへの質問はこちら

 

 

lee.chongbong@gmail.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*