【LEE@輸入ビジネス】

ランキングサイトを活用しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

こんにちは。

 

 

LEEです。

 

 

適材適所と言う言葉があります。

 

 

よく人材に用いられる言葉で

 

wikipediaによると

 

「人の能力・特性などを正しく評価して、ふさわしい地位・仕事につけること」

 

です。

 

 

同じように商品にも適材適所が存在します。

 

 

HPが適所

 

ヤフーオークションが適所

 

Amazonが適所

 

楽天が適所

 

 

それぞれの媒体により、

 

ユーザー層もターゲーット層も異なります。

 

 

もちろんカテゴリーによっても異なりますし

 

時期によっても異なります。

 

 

以下のデータを見て下さい。

 

 

「商品カテゴリーごとに変わるネット購入の割合の変化」

 

http://kikulab.jp/%E5%95%86%E5%93%81%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%94%E3%81%A8%E3%81%AB%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8B%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E8%B3%BC%E5%85%A5%E3%81%AE%E5%89%B2%E5%90%88%E3%81%AE/

 

 

こういうグラフを見るとかなり

 

カテゴリーによるマーケットの違いが

 

解りますね。

 

 

あなたはどのカテゴリの商品を扱っていますか?

 

また、適切な場所へ出品できていますか?

 

 

オススメな方法は一度現在出せる全ての媒体へ

 

出品してみる事です。

 

 

Amazon、ヤフオク、モバオク、楽オク、等々

 

ローコストですぐに出せる媒体ですね。

 

 

例えばオークファンでリサーチした商品は

 

オークションにマッチした商品なのですが

 

意外にもAmazonで出品すると売れる事があります。

 

 

また逆にAmazonのランキング上位の商品を

 

ヤフオクに出品するとAmazonより

 

売れる事もあります。

 

 

実際に私も経験しています。

 

 

当初ヤフオクのみで月に10個売れていた商品を

 

Amazonに出品すると1日で10個売れた事もあります。

 

 

例えばスマホユーザーはまだ30代より

 

20代のユーザー層が多いです。

 

 

ではスマホに特化したサイト

 

例えばDENAなどに出品する商品は

 

20代向けの商品、

 

更に細かく紐解くと、

 

安くて女性向けのアパレル等がかなり

 

売れているようです。

 

 

各サイトのランキングを見ると

 

だいたいその媒体のカテゴリごとの

 

ランキングが掲載されています。

 

 

そのランキング内の商品のステータスに

 

似た商品を出品すると適材適所にて

 

販売が行えるでしょう。

 

 

バイマランキング

 

楽天ランキング

 

Amazonランキング

 

その他ランキングサイト

 

これだけをリサーチするだけで

 

売れてるブランド

 

売れてる価格帯

 

売れてるカテゴリ

 

売れてる出品者

 

などを知る事ができます。

 

 

ですので、ランキングサイトは

 

うまく活用する事をオススメします。

 

 

あとは以前にもお伝えした

 

google トレンドとかもそうですね。

 

 

http://www.google.co.jp/trends/

 

 

 

 

■LEEへの質問やご意見はこちら

 

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*