【LEE@輸入ビジネス】

マネーパワーが必要な時もある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

 

LEEです。

 

今日は船原さんが運営する

MBSの会議(セミナー)に参加しました。

 

だいたい月に一度、講師の方をお招きして

勉強会&現状のビジネスについて

話し合う組織です。

 

先日の講師は中国輸入の講師の方でした。

 

私は中国輸入を少しだけした事がありますが、

現状はしていません。

 

今年は参入する予定です。

 

で、何故参入するかと言うと

OEMをしたいと思っているからです。

 

タオバオやアリババなど

欧米輸入のように海外プラットフォームから仕入れる

事も可能なのですが、

私はOEMで販売します。

 

ちなみにOEMとは

「発注元企業のブランドで販売される製品を製造すること」です。

 

何故なら利益率が高い、

参入障壁も作れる、

何よりも自分でビジネスを作る事が好きだからです。

 

簡単に取り組めて早く収益を得たいのであれば

中国プラットフォームから仕入れますが、

長期的な視点で考えると確実に

OEMで販売する方が稼ぎ続ける事ができるからです。

 

もちろん資金や中国企業とのつながりも必要なので

事業主により可否はありますが、

現在のビジネスの利益を再投資しようと思っています。

 

ただし、資金面で中国仕入れの場合はPAYPALをあまり

好まないので、キャッシュがある程度必要になりますね。

 

つまり、現状のビジネスで得た収益を

貯めておかないと中国でOEMしたり

大きな取引はできません。

 

中国以外の取引でもそうですね。

 

個人輸入であればクレジットカード(PAYPAL)での取引は可能ですが

例えば代理店契約したり独占販売できる環境を与えてもらう場合は

キャッシュが必要になってきます。

 

今年は私は現状の個人輸入も続けながら

B to Bなどの企業間取引などの大きな取引に

どんどん参入しようと思っています。

 

これはビジネスを始める2年4ヶ月前は想像もできません

でしたが、現状はやっと可能なレベルになりました。

 

実は私は中国輸入を一度経験しています。

 

しかしその当時は資金不足により

やりたい事ができなかったので、

一旦ストップしています。

 

しかし、コツコツと貯めてきた結果

現状は可能になりました。

 

最近は「マネーパワー」が必要だと

強く感じており、やりたい事がある時に

資金が無いのが一番悲しいです。

 

(もちろん小資金でもビジネスできるのが

輸入ビジネスのメリットなので

大きな資金が無くても取り組む事は

可能です。

LEEの場合はやりたい事がOEMなので

ある程度の資金が必要です。)

 

ですので、現状得ている利益は

どんどんビジネスに投資するか、

やりたい事のために資金を貯めておきましょう。

 

投じた分必ず返ってくる保証はありませんが、

ちゃんと戦略を持って取り組めば

高確立で大きな収益となり返ってきます。

 

 

■LEEへの質問はこちら

lee.chongbong@gmail.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*